JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4696
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

財産相続等について。私、64歳(千葉在)、兄69歳の二人兄弟。父、98歳寝たきり、母92歳健在(鳥取在)

解決済みの質問:

財産相続等について。 私、64歳(千葉在)、兄69歳の二人兄弟。父、98歳寝たきり、母92歳健在(鳥取在) 高齢で介護が必要の父を母が一人で面倒を看ていたので、私が60歳で早期退職し父の介護の為、鳥取に帰っていましたが長男の兄夫婦が昨年6月より大阪から引っ越して私とバトンタッチしました。 長男なので、私も両親も兄が跡を継ぐ事になんらの疑問を持っていませんでしたが、昨年4月に兄が跡を継ぐ条件として、両親の財産の全てと、両親の年金の管理を任せてもらえなければ帰らないと言って来たので、両親が財産は兄弟で平等とする、年金は任せない、と言った所、激怒し、跡は取らないと言い出し、私が跡を取る事になったのですが、暫くして、財産の事等は言わないので自分が跡を取る、と申し出て来たので6月より兄夫婦と両親の同居が始まりました。 所が暫くして母と財産の事でもめるようになりました。両親の定期預金等の名義や土地の名義を兄にするよう強要するようになり、その都度母が断ると言葉の暴力を吐くようになり、とうとう先日は寝ていた母をこずき起こし、すごい形相で母に迫ってきたので、母は殺される恐怖を感じたそうです。 さすがに私も我慢出来ず、兄にDVで訴える、と言ったら兄弟で裁判沙汰にするのかと逆切れされていて、私や私の子供達を鳥取に近ずかせない態度を取っています。 先日は、銀行からの母宛親展郵便物を兄が勝手に開けたり、両親名義の預貯金、土地の相続を兄にする遺言書を書いて公正証書をとるよう迫ってきたそうです。あまりに身勝手すぎるので文句を言ったら、お金が一番大切で財産がなかったら鳥取には帰らなかった、と明言し、両親の事よりもお金の方が大切だ、私には財産は渡さない、と言って来たので、こんな汚い兄の勝手にはさせない決心をしました。 良く遺産相続で兄弟がもめ疎遠になる事は他人事と思っていましたがまさか絵に書いたような事が現実になるとはとてもショックをうけております。 母は兄弟で裁判沙汰になれば、世間体もあり自分達が我慢する、と言っていますが、父の死後の母の事が心配です。 兄は年金が25万程ありますが食費だけ出して、公共料金や税金関係等々全て母に出させているそうです。 又、昨年11月、母と兄が喧嘩になり兄が大阪に帰る事になったのですが、近所のてまえ、田舎ですので母が我慢し今日に至っていて、今は兄は長男だから大阪へは帰らない、母の方が家を出て行けとの態度を取っているそうです。 余命短い父や母に対し、最後の親孝行をしなければならないのに何と情けない兄なのかと嘆いていますが、来月私は帰郷し、兄と話し合いをしようかと思っています。 兄の満足する方法は私が財産放棄し、両親が年金等全てを兄に預ける事だと考えられますが、私としてはあくまで法律どうり、フェアーにする事を提案するつもりですが果たして兄が納得するかどうかです。 要点を整理しておきます。 ’ 1、財産分与で話が決裂した時の対処法 2、家庭内DVで兄を訴えられるか 3、出来れば丸く治めたいが良い対処法があるかどうか 以上宜しくアドバイスが頂ければ幸いです。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お辛い状況だと思われます。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、他人であれば遠慮することも、兄弟や親子と言う身内のために
本音のぶつかり合いになります。まさに、骨肉の争いとはこのことで
この手のことは、多かれ少なかれ、どのご家族にもあることです。
また、お兄様だけの問題では無く、その背景には、お兄様の配偶者の奥様やご家族もいらっしゃるので
ますます、ややこしくなります。
それに、このケースの家を継ぐ重みがどの程度のものかが計り知れませんが
相続財産は、平等でありたいと、ご相談者様は考える訳ですね。
そこの、考え方の違いもあるのでしょう。
 それでは、分かる範囲で、ご質問に順番にご回答致します。
1、今回のケースでは、お兄様が家を継ぐとなると、寄与分の問題が出て来ます。
やはり、家を継ぐのは、それなりの、親御様に貢献していると言えますので
長男と言う意味合いではなく、家を継いで貢献したと言う意味合いでの寄与分は
あり得るでしょう。全部をお兄様では、ご相談者様もご納得がいかないでしょうから
3:2とか、4:3などの比率でご提案してはどうでしょうか。
2、当然、家庭内暴力(DV)としての対応になるので、親子と言えども
暴行罪、傷害罪、脅迫罪、名誉棄損罪等は刑事告訴が可能です。
ただし、金銭等の財産を盗んだり横領したりは、親族相盗例が働き刑事告訴できないので
非常にご注意が必要です。
3、ご両親様達は、まだ、認知症等では無いかもしれませんが、生活に支障があるので
財産管理等を専門家にしてもらうための成年後見制度をご利用されてはどうでしょうか?
ご親族様でも、管理はできますが、それでは、お兄様が納得しないでしょうから
司法書士の先生などの専門職後見人にご依頼すれば、専門家がご両親様の財産を守ります。
そうすれば、勝手に、お兄様の自由にはできません。
専門家に、遺言の作成等もお願いすれば、お兄様が関わらず、遺言も作成できると思います。
まずは、専門家にご相談されてはどうでしょうか。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問