JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1363
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

同棲した時に、彼女がお店を出すのにお金がないので、ぼくが借りて250万円を貸してあげるといって、貸しました。50万ほ

質問者の質問

同棲した時に、彼女がお店を出すのにお金がないので、ぼくが借りて250万円を貸してあげるといって、貸しました。50万ほどは返しましたが最近はお金を出してあげるといったから返さなくてもいいといって、調停にかけてきました。本人は借りているのは承知していますが、同棲中なので、借用書はありません。裁判にかけtがらおかねをとりもどせるでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

  相手は債務不存在確認の訴えでしょうから、こちらは債務の存在を否認することを否認する=債務の存在を肯定することになります。

>50万ほどは返しましたが最近はお金を出してあげるといったから返さなくてもいいといって、調停にかけてきました。
→この返した50万円は債務の承認になります。

 借用書は不要です。間接証拠の積み重ねでよろしい。
  
 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

法律 についての関連する質問