JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

始めまして。先日、飲食店にて暴行を受けました。きっかけは私にあるようですが、過剰な暴行を受けて怪我をしました。話し合

解決済みの質問:

始めまして。先日、飲食店にて暴行を受けました。きっかけは私にあるようですが、過剰な暴行を受けて怪我をしました。話し合いの上、治療費を支払うとの事で示談の方向で進んでおりますが、暴行を受けた際の「差歯」の治療費を拒まれております。何か請求対象にはならない理由が、法的にあるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.

暴行(不法行為)に対する損害賠償請求をするには、その行為(暴行)による損害であるという因果関係が必要になります。 ですので、差し歯の治療費を請求するには、暴行によって治療が必要なったことを証明しなければなりません。 病院で診断書などをもらって、それが暴行によるものであると証明できれば、治療費の請求は可能です。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問