JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

初めまして。とても困ることがあります。 私は帰化して日本人になりました。旧国籍が中国でした。 帰化の結果を待って

質問者の質問

初めまして。とても困ることがあります。
私は帰化して日本人になりました。旧国籍が中国でした。
帰化の結果を待っていた間に、
中国の代理用旅券(旅行証というもの)でインドネシアに行ったら、
バリの空港で「代理用旅券は事前にビザの申請が必要」との理由で、入国拒否されました。(本来中国の旅券なら、旅行にはビザが不要です)

これから日本の旅券を申請する予定ですが、
上記の理由で、一般旅券が下りず、限定旅券になってしまうことをとても心配しています。

どうなるでしょうか?
ぜひアドバイスをいただけると幸いです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
上記の理由、というのが何を指しているのかわかりませんが、
他国で入国を拒絶されたことがあることや、帰化した日本人であることが原因で、
ということでしたら、そのようなことはありません。
質問者: 返答済み 3 年 前.
帰化前の入国拒否は、帰化後の一般旅券申請に影響を与えますか?
または、入国拒否歴があったら、理由問わず限定旅券になるんでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
そもそも、他国での出入国経歴が理由で、日本の旅券が
限定旅券になることはありません。ご安心下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。Smile


 


とても細かい質問ですが、


旅券法を調べたら下記の内容がありました:


 


第十三条  外務大臣又は領事官は、一般旅券の発給又は渡航先の追加を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当する場合には、一般旅券の発給又は渡航先の追加をしないことができる。


 渡航先に施行されている法規によりその国に入ることを認められない者

私はこれに該当するのではないかと心配です。。。

また旅券発行申請書にも、入国拒否歴の欄に「あり」と書いて、事情説明の書類をも追加する必要があるそうで、余計に心配です。。。

本当に大丈夫でしょうか?

細かくて申し訳ございません。
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
入国を拒否される場面にはいろいろ有りますが、ご質問者様の場合、犯罪歴などに
よって入国拒否されたのではなく、事前のビザ申請がなかったという、手続き上の
不手際によって入国することが出来なかったにすぎませんので、あまり深刻に
考える必要はありません。


質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。とても安心しました。Smile


 


犯罪歴ではなければ限定旅券にならないという理解でよろしいでしょうか?

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
限定旅券自体、そもそも通常の旅券が発行できない特殊な場面で発行される
ものですので、犯罪歴のみ、という限定の仕方はできませんが、
すくなくとも、ご質問者様のような案件で、通常のパスポートの受けられなかった
事例というのは聞いたことがありません。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご丁寧に回答していただき本当にありがとうございました。


追加書類は手間がかかりそうですが、問題なく旅券をもらえたら何よりです。Smile

質問者: 返答済み 3 年 前.
先生、度々の質問ですみません。
よく確認してみたら、
最近になって、入国拒否について、申請書で確認されるようになったらしく、それまでは、外国での退去命令だけだったとのことです。
先生がおっしゃった他国での出入国歴はパスポート発行と関係ないのは、申請書の変更前の話でしょうか?
ネットで調べてたら、理由問わず外国で入国拒否記録があれば画一的に限定旅券になるという話を、ある行政書士のホームページで見つけてとても怖いです。
先生の意見をぜひ伺いたいです。よろしくお願いします。
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
ご質問でも頂いてます通り、
渡航先に施行されている法規によりその国に入ることを認められない者
との条文があり、申請書にもこれを確認するために、記載欄があります。

ご質問者様の場合、入国できなかったのはあくまでも事前手続きをして
いなかったためであって、ご質問者様の属性(素行不良など)に問題があった
わけではありませんから、
『渡航先に施行されている法規によりその国に入ることを認められない者』には
該当しません。

従って、ご質問を拝見する限り、一般旅券が発給されない条件には該当しない
ものと思料致します。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご丁寧にありがとうございます。
申請プロセスですが、
他の行政書士の意見は、大体以下のように:
1 入国拒否確認の欄に「なし」と書く。理由は、中国国籍だった時のことで、日本人としてのパスポート申請に関係ない。
2 「なし」と書いて申請する時に事情を説明する。
3 「あり」と書く。普通は限定旅券になるが、このケースに限って一般旅券がもらえる。
4 「あり」と書いて、賭けてみるしかない。

先生はどう思われますか?
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
ご質問者様の場合、上陸ビザを取得されるつもりが、要件を満たしておらず、
取得できなかったということですよね。
この段階で断られているのであれば、そもそも入国審査を受けるところまで
たどり着いておらず、入国拒否を受けていないように思うのですが、いかが
でしょうか?
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
先生
ご回答ありがとうございます。
実は今日他の先生にも同じことを言われましたが、
厄介なのは、当時使っていた代理用旅券にのハンコが押されているんです。
それはやはり入国拒否だと判断されるんのではないかと、
もう心配しすぎて眠れません。
いいえと言ってもと実は外務省でも調べようがないのではないかとおもいますが、どうなんでしょうか?…
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
そうでしたか。
ただ、仰るとおり、各国での出入国情報を、相互交換するような仕組みというのは
テロ情報や国際指名手配といった特別な場合をのぞいてありません。
但し、基本的には前回までの回答の通り、考えておりますので、基本的には該当なしで
良いと考えますが、ご心配であればそこのチェックのみ未記入で持参し、提出時に
質問されてはいかがでしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

先生、もしいいえと書いたら、万が一チェックされたら、一度書面などで説明余地がありますでしょうか?もしくは一発で違法となりますでしょうか?


 


正直考えれば考えるほど、私のケースはあくまで書類不備によってビザが取れなかったというくらいなので、厳密に入国拒否だと言われないのではないかと。。。

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
一般的には、正式な処分前に口頭または書面での説明の機会があると
おもわれます。

法律 についての関連する質問