JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

主人名義の土地の売買いにおいて。売買の目の前にて姑が通帳に入れ管理しております。それまでのいきさつはすべて嫁である私

質問者の質問

主人名義の土地の売買いにおいて。売買の目の前にて姑が通帳に入れ管理しております。それまでのいきさつはすべて嫁である私がしており驚きの行動でありますが、私自身には何の権利も言動にての権利も無いのでしょうか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
初めてのご相談でわからないことも多いと思いますが、まずは落ち着いてお話を聞かせてくださいね。
お書きいただいた情報からお困りのことは良くわかるのですが、次のような点に注意してもう少し詳しい経緯をお書きいただけると助かります。

1.ご主人名義の土地の売買についてのご質問のようですが、ご主人が売却されたのでしょうか、それとも購入されるのでしょうか。
2.「売買の目の前にて姑が通帳に入れ管理している」というのは、誰の、なんのお金のことでしょうか。
3.「それまでのいきさつはすべて嫁である私がしており」というのは、これまでどのようなことをされてきたのでしょうか。

まずは以上の3点についてお聞かせください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。

1. 土地につきましては主人が売却した形になります。2013年秋になります。

 

2. 不動産での売却の場面にて姑が通帳を2つ用意してきており(その時まで私も一切知らなかった)1つは税金分のみ入金(A)1つには残りの全てを入金(B)しAは私に税金を払っとくようにと渡されBは姑が管理すると持って帰りました。

 

3.いきさつにつきましては

売却の土地は荒れている空き地の状態で古い貸家がぽつんと一軒あり20年ほど入居されていました。

売却まで至ったのは、空き地に隣接している貸家の方が土地に畑を作り始めたり、空き地にて夜無断の車が止まっていたりしたこともあったのが1つ。

あとは固定資産税の支払い額が高いので支払いが困難になってきている事。

主人が一切家庭の事や支払いなどをやらないので今後何かあった時に子ども達に処理の負担を追わせたくなく整理しときたいという思いがありました。また2 人の子ども達は病気や障害をもっており、しっかり残しておきたいという気持ちがあり、私が動きたくさんの専門家、不動産の方に相談し見積もりをし数字など納得いく形で姑と主人に打診をしました。

 

結果、病気の状態が酷い娘の財産とする運びで2人とも納得し売却を決めたのです。

その際、姑は『あなたがいてくれてここまでしてくれてから助かった、いないとこんな形にならなかった』と言っていたのですが、売却当日先祖からの土地なので私もその場面に立ち会わせていただけない?とついて来ただけなのに、突然そのような行動に出ました。自分の息子のものだから・・と。

 

以上が経緯です。私自身は驚きや怒りなど感情的なものはさておき、資産運用さえ出来ない状態ですし、今後離婚も考えておりますので現在全てを整理しておきたいと考える中でこの状況はどう捉えて、どう動くことができるのかを冷静に判断しておきたいと思い相談させていただきました。よろしくお願い致します

 

補足ではありますが、主人とは結婚して22年。20年も関係は冷えきっており子どもを引き取れるように私が自立に向けてやっとその状況に近づいてきた状況です。会話は一切ありません。

 

 

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
なるほど。
今回の売却にあたりあなたが尽力し話をとりまとめたこと、お子さんの将来のことを考え、娘さんの財産とするために現金化したことなど、良くわかりました。
そのような状況で、姑が代金を管理すると行って持って帰ってしまったのでは、ご不安になるのも無理は無いと思います。

まず、今回得られたお金はご主人名義の不動産を売却した代金であり、かつご主人名義の通帳に入金されている以上、法律上の権利者はご主人ということになります。したがって、姑がそのお金を管理する権限があるとすれば、それはご主人が姑に任せている場合だけであり、ご主人の意思に反して姑が勝手に管理することはできません。ですので、ご主人が姑に管理を任せている場合は、あなたから姑に管理を続けること自体を止めさせたり、その通帳をあなたに引き渡すよう請求することはできないということになります。
逆に言えば、ご主人が言うのであれば、姑はご主人に通帳を返さなければなりませんし、あなたに引き渡すことを拒絶することもできないのです。

次に、あなた自身が法律上なんらかの権利を主張できないかということを考えてみます。
この点、将来離婚される場合には、今回売却の話をまとめるために尽力したことも財産分与額を決める一つの事情として考慮されるべきですが、今回の売却によって得られた代金に対して直接権利を主張することは、残念ながら難しいです。

何故かというと、前述のとおり不動産の売却代金の権利者はご主人であることが1つ。
また、その土地がご夫婦で築いた財産の場合には離婚の際に財産分与の対象となるため、潜在的にあなたにも権利があると言えるのですが、不動産が相続によってご主人が取得したものである場合は夫婦で築いたものとは言えないため、原則として財産分与の対象からも外れてしまうからです。

以上の通り、あなたが売却代金に対して権利を主張するのは困難であるため、これから改めてお子さん達の将来の財産のために確保するための行動を起こす必要があります。
現時点での財産の権利者がご主人である以上、ご主人の協力は必須ですので、娘さん達の将来のためにもうひと頑張りです。

1番良いのは、ご主人から娘さん達に贈与するなどして、娘さん達自身の財産とすることです。ただし、多額の金銭を贈与すると高額な贈与税がかかってしまうため、その方法には注意しなければなりません。
例えば、銀行と信託契約を結ぶことで障害者に対する贈与税の非課税制度を利用する方法などがありますので、一度お近くの信託銀行に相談してみることをおすすめします。

もしご主人が協力してくれない場合には離婚の話を進め、その中で財産分与として、あるいは娘さん達の養育費・扶養料としてご主人に支払わせるようお話を進めてください。
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
回答をお読みになり疑問は解消できましたでしょうか。
ご不明な点がありましたら、続けてご質問ください。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

大変、遅くなりました。ありがとうございました。


暫く、静観しながら動いてみます。


 


もう1つ質問です。現在の自宅は2世帯で前述の義母が下に住んでおります。権利として4分の1義母の保有となります。


 


離婚の際には分割としてどのあたりまでされるのでしょうか?


土地は別になるのでしょうか?


 


またもし義母が亡くなった場合、主人が亡くなった場合はどういう形になりますか?

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
こちらこそ、評価をいただきありがとうございました。

申し訳ないのですが、当初のご質問とは別の質問をされる場合には、新たなご質問として投稿していただくのがこのサイトのルールとなっておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
建物はご主人が4分の3、義母が4分の1の割合で共有しているとして、土地はどなたの名義人なっているのか、ご自宅や敷地はご結婚の後にご夫婦で購入・建築されたのか、といった事情もお書きいただくと、回答がし易くなります。

法律 についての関連する質問