JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2285
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

昭和26年4月に登記された家屋を土地と共に平成23年11月に購入しました。 最近になって隣の方から、「お宅の屋根が

質問者の質問

昭和26年4月に登記された家屋を土地と共に平成23年11月に購入しました。
最近になって隣の方から、「お宅の屋根が5Cmほどはみ出しているので何とかして欲しい。」と言われました。
元の持ち主からは何も聞いておりませんので、困っています。良い方法が有れば教えて下さい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

不動産を購入する際に隣接地との境界確認書を取り交わさなかったのでしょうか?

通常、不動産の売買では隣接地との境界を売主が確認してから売買することが多いのですが。



質問者: 返答済み 3 年 前.


境界確認書は取り交わしていません。


相談料金は1回のみで宜しくお願いします。


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
境界確認書を取り交わしていない、ということは現況売買ということになりますね。現況売買の場合は売り主には責任を追及するのは難しいです。ただ、まだ越境していることが決まっているわけではありません。

まずは、相手が5センチ越境している、というならばその根拠を示してもらいましょう。
何の根拠もないのに相手の言うことを鵜呑みにしては危険です。実際には越境していなくて相手が勝手に主張しているだけかもしれません(売り主が何も言っていなかったのであれば、隣地の人が勝手に主張している可能性は十分あります)。

相手が測量して実際に境界を確認して、それで越境していることが分かったなら、そこからは話し合いをすることになります。質問者様がわざわざ測量する必要はありません。相手が主張していることですから相手に証明させればいいのです。

実際に越境していたなら、(1)屋根を改修工事するか、(2)将来家を建て替える時に正しい位置に建てるのでそれまではこのままにしてほしい、とお願いするのが実務の慣行になっています。


法律 についての関連する質問