JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

お付き合いして1年弱の方と別れることになりましたが、婚約破棄されたと一方的に責められ、お金を請求されています。その額

解決済みの質問:

お付き合いして1年弱の方と別れることになりましたが、婚約破棄されたと一方的に責められ、お金を請求されています。その額が妥当なものなのか教えていただきたくメールさせていただきました。
請求額は結婚・婚約指輪、私や娘へのプレゼント代、その他食事や出かけたときにかかった費用、約130万円の半額の65万円で、かなり譲歩した額だから早く支払って下さいとのことでした。

約1年前に結婚紹介所を通じて知り合い、2、3ヶ月後にはもう結婚指輪と婚約指輪を購入し、婚約指輪のみ受け取っていました。
私には高校生の娘もおり、3人で出かけることもしぱしぱありましたが、籍をいつ入れるか、どこに住むかなどの具体的な話は進まず、また、お互いの親には会っていない状態でした。
彼の妹とその子どもたちには一度だけ会ったことがあり、私の方は身内には紹介せずじまい、友人一人だけ会って一緒に食事したことがあります。
指輪を購入する前後から、彼に話が伝わりにくく、話したことをろくに聞いてなかったり、早とちり、勘違いなどが激しく、コミュニケーションがとりにくいことで何度か口論になり、そのたびに私が結婚生活で一番大事にしたいことはコミュニケーションだと伝えてきました。
普段はおおらかでにこにこしていて温和な印象ですが、一度感情的になるともう人の話にはまったく耳をかさなくなり、話にならないようなことがありました。付き合って半年くらい経った頃からそんな面を見るようになり、とても不安を覚えるようになりました。
経済的な面でも、彼は2年後に定年を控えているのでそのことに触れると、自分の年金は10万ちょっとしかないかもしれない、自分の食いぶちくらいはどうにかできるよ」なんて平気で冗談交じりで言ったり、住まいについてはとりあえず私名義で購入しているマンションに自分も一緒に住むという考えに固執するようになり、それを私が断ると激昂し、年末に激しくそのことをきっかけにもめてそれきり会ってはいません。
メールのやりとりでもお話にならず、大事な話でいつも自分の考えに固執し激昂し話にならないような人とは生活を共にすることはできないと思い、別れる意志を告げました。
彼の方も何度か、もう別れましょうと言ったことはありましたが感情的になって出た言葉だそうです。

少し調べたのですが、私のような場合、そもそも婚約の公然性が認められず、かかった費用は法律上贈与とみなされる請求することはできないそうなので、その旨彼に伝えて指輪の返還と指輪にかかった費用の半額25万円をお支払いしますと、誠意を伝えたつもりでいました。
しかし彼からの返事は「あなたが出した結論はまるで私が婚約破棄したかのような私に不利な条件で到底受け入れられない、これ以上話が噛み合わなければ訴訟に向けた準備をする、その場合は慰謝料などの請求も含め100万円を超える要求になる。一週間返事を待つ」というものでした。
訴訟になった場合にかかる費用を考えると彼の要求を受けるしかないのでしょうか。
長文になってしまい申し訳ありません。アドバイスをお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

婚約が成立するかどうかは、公然であったかどうかに限られません。
もちろん大事な判断基準ではありますが、
・結婚相談所で知り合ったこと
・指輪のやりとりがあること
などからすると、婚約成立とされる可能性は否定しきれません。
婚約が成立していたかどうかは、彼が裁判所に出す証拠次第です。これ以上に証拠があれば、質問者様が不利であることは否定できません。

仮に婚約成立したとなった場合でも、婚約破棄の理由が正当であれば、慰謝料を支払う必要はありません。彼の性格が激昂するというものでしたら、不当な理由ではありませんから、慰謝料を払う義務はないということです。

指輪については、ご質問にあるとおり、返しておいた方が無難でしょうね。
持っていても仕方ないですし、彼の気持ちもおさえやすいでしょう。

なお、今までのデート代などは全く返す義務はありません。

ですから、彼の証拠次第ではありますが、裁判になったところで負ける可能性は低いでしょう。ただし、本気で彼が裁判をしてきた場合、質問者様も弁護士を雇わないわけにはいかないでしょうから、どうしてもその分の出費はかかりますね。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問