JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

医療保険のことに関しての質問です。 長期にわたり夫婦型の医療保険に加入をしておりましたが、3年前に離婚をしました。

解決済みの質問:

医療保険のことに関しての質問です。
長期にわたり夫婦型の医療保険に加入をしておりましたが、3年前に離婚をしました。しかし、夫婦型医療保険の掛け金はそのままで放置しており、先日保険会社に個人契約のみに変更を申し出ました。約3年間夫婦型の医療保険で保険料をそのまま払っておりましたが、離婚後は保険金を掛けていても元配偶者の保険はカバーされないとのことでした。他の保険会社は離婚時にさかのぼり、過払いの保険金の払い戻しをするとのことですが、アフラックは払い戻しはしないとのことです。保険がカバーされないのに、ただ保険料は受け取るというのは疑問です。家族型から個人型への変更は会社が承認したときに行う、という文面を理由に返金しないとの返事ですが、法的にはどうでしょうか。教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お困りのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、保険に関しては、入る時点で約款等の確認をしないと
意外と加入者に不利な内容も多いものです。
また、保険会社のスタンスは、基本的には、保険金を如何に支払わないかです。
お話から、会社としての団体保険に加入していた可能性もあります。
会社でかけているので、保険料が安くなっている場合もあります。
デメリットとして、会社を辞めたり、離婚をすると、同じ条件で継続できない場合もあります。
基本的には約款に従うしかありませんが
あまりにも理不尽であれば、消費者被害として、国民生活センター(国の運営)や
消費生活センター(自治体の運営)にご相談されるのも手でしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.


結局、夫婦型保険料として離婚後余計に払っていた掛け金の払い戻しが受けられるかどうかは個々の保険会社の方針ということでしょうか?保険がカバーされない分の過払い金に対する払い戻し請求が出来ないというのは疑問です。離婚を理由にいざという時のサービス提供はしないが、お金は頂くというように感じますが・・・。また、他の保険会社では返金をするといっているので、何となく納得できませんが。如何でしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
アフラックは日本NO.1の外資系の保険会社ですので
日本の保険会社のように、きめ細かな対応がされて無いように思えます。
基本的に、保険会社が有利なように定款が、がちがちに組まれているので
特に会社の団体生命保険だと、非常に融通が利かないものが多いようです。
他は、こうだと言っても相手にされない場合がありますし
申告をしない方が問題と言ってくるようなケースもあります。
民事調停等で争うこともできますが、その手の企業は、クレーム対応の弁護団を
もっているので難しいかもしれません。
ただ、きちんとクレームは言っていく必要はあるので、先ほどのセンター等に
ご相談はしておいても良いでしょう。
また、民事ですから、ごねどくと言うのはよくあり、
責任者と話をさせて欲しいなどと、しつこく対応を迫るのも手かもしれません。
社団法人「生命保険協会」と言うのも苦情を受けるようです。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問