JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

アルバイト採用に当たり、すでに結婚して戸籍も別の家族の住所情報などを会社から要求されています、これはコンプライアンス

解決済みの質問:

アルバイト採用に当たり、すでに結婚して戸籍も別の家族の住所情報などを会社から要求されています、これはコンプライアンス違反にあたりませんか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
雇用契約書の作成に際し、履歴書、住民票記載事項の証明書を要求するのが一般です。違法とまではいえません。その旨就業規則で唄ってあることが多いようです。提出を拒む場合は、懲戒規定で譴責を受ける場合もあります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

最終的に出すべきなのかどうかが分かりません。姉妹はいわゆる公職についており個人情報の提出には厳しい立場にあります。それが理由で解雇されても構わないと思っております。

質問者: 返答済み 3 年 前.

本人2親等までと配偶者の1親等までの住所職業電話番号まで必要でしょうか。以前別の会社でコンプライアンスの研修を受けた時に本人もしくは扶養家族以外の情報の提出を義務付ける場合、労働基準監督署の指導が入ると教育されました。知人の法律家に聞いてみても同じ返事でした。職業は家電量販です。いまどき銀行でもここまでしないと言っていました。これでは戸籍を出せと同じことだと思います。これを強要するような会社であればこちらからの退職も仕方ないと考えています。特に身内に公職者がいるので私の都合で個人情報は出せませんと考えています。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>すでに結婚して戸籍も別の家族の住所情報などを会社から要求されています
→住民票の写しと住民票記載事項証明書とは違います。後者は労働者の希望する項目のみでOKです。
会社が余分な情報ののったものを求めている場合は、「住民票記載事項証明書の記述のみで必要十分だと思います。」と回答して提出してください。

>本人2親等までと配偶者の1親等までの住所職業電話番号まで必要でしょうか。以前別の会社でコンプライアンスの研修を受けた時に本人もしくは扶養家族以外の情報の提出を義務付ける場合、労働基準監督署の指導が入ると教育されました。

→監督署の指導云々はともかく、不要でしょうね。明確に義務づけた法文が、戸籍法にも労基法にもないのです。それで就業規則でおおまかに提出義務ありとしているのが現状です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413613469

 

 


★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問