JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

フルタイム・パート(9時~17時 4~5日/週)で10ヵ月余り就業しておりましたが、本日付で同僚含め3人が解雇されま

解決済みの質問:

フルタイム・パート(9時~17時 4~5日/週)で10ヵ月余り就業しておりましたが、本日付で同僚含め3人が解雇されました。
理由は、足元の売り上げ計画が芳しくない事と業態の転換を決定したとの事です。

給与体系は、(868円/時)月末締め翌月末払い現金支給。
所得税以外は引かれておりません。(厚生年金等などなし)

このような場合、「不当解雇」にはならないのでしょうか?
また、企業の都合なのですから何らかの補償は要求できないものでしょうか?
ご教示、宜しくお願いいたします。

当方、64歳で年金受給者です。
同僚二人も70歳年金自給者です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。
労働分野専門の社会保険労務士です。

ご相談内容のような整理解雇が認められるには以下の要件を満たす必要があります。

①人員削減の必要性が存在すること
②解雇を回避するための努力義務が尽くされていること
③被解雇者を選定する基準が合理的であること
④解雇手続きが妥当であること

ご相談者様の解雇が、上記4要件を満たしていない場合は、解雇権の濫用となり無効とされます。
最終的に整理解雇が有効であるか否か、つまり「不当解雇」になるかならないかは、裁判所でなければ判断できません。

「不当解雇」の問題とは別に、会社は労働者を解雇しようとする場合においては、少なくとも30日前にその予告をするか、30日分以上の平均賃金を解雇予告手当として支払わなければなりません。(労働基準法第20条)

>本日付で同僚含め3人が解雇されました。
とありますので、解雇予告手当を請求してください。


remember2012をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問