JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3726
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

執行猶予中の海外旅行 挙式について 覚醒剤取締法で執行猶予3年 残り2年になります。 現在パスポートは持っておらず、限定パスポートでの出国(許可がおりれば)となります。

質問者の質問

執行猶予中の海外旅行 挙式について
覚醒剤取締法で執行猶予3年 残り2年になります。
現在パスポートは持っておらず、限定パスポートでの出国(許可がおりれば)となります。

家族を連れての挙式で、オーストラリアを検討していますが、ビザ取得が特殊(通常の観光ビザでは取れない)なようで、そのビザ(subclass 600)が取れれば、問題なく入国できるのでしょうか?
ビザが不要な国でも構いませんが、限定パスポートという事もあり、現地で入国拒否になるのだけは避けたいです。

リゾートウエディングを希望しています。
入国がスムーズに行ける国、またはスムーズに入国できる準備など教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律

法律 についての関連する質問