JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

民営(父母会)で学童保育を設営しています。 学童指導員が、子供に不意のケガをさせてしまったり、子供の持ち物を破

解決済みの質問:

民営(父母会)で学童保育を設営しています。

学童指導員が、子供に不意のケガをさせてしまったり、子供の持ち物を破損してしまったり、守秘義務のトラブルがあった場合等に備えて、損害賠償保険(指導員に保険加入していただき、保険料は父母会負担)に加入しようと案が出ています。


ところが、今まで(設営から10年以上)使っていた契約書のなかに
「パートの指導員は、保育中に起こった事故について、指導員個人にその責任を帰せない」
という一文があり、
これよってパート指導員より、今後損害賠償保険に加入することによって、個人的責任が問われることになるなら保険の加入は断る、パートを辞めることも考える、との意見が出ました。

そもそも「保育」とは、子供の「保護・養育」のことを指しているので、このような認識があるとは思いませんでした。

いままで事故が起こらなかったのが奇跡のようです。


営業施設であれば、民法第715条の適用になり、運営者側が損害賠償保険に加入できるのでしょうが、こういった民営学童施設が加入できるような保険は見当たりません。
市役所にも相談しましたが、「個人で賠償保険に加入するのがベスト」との回答でした。


以上をふまえて質問いたします。

①契約書の「パートの指導員は、保育中に起こった事故について、指導員個人にその責任を帰せない」という一文は、実際に被害者から訴訟等を起こされた場合、法的に効力があるのでしょうか?

②父母会設営の学童保育等が、雇用指導員をに対して加入できる損害賠償保険は存在するのでしょうか?

ご回答のほどよろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.


>①契約書の「パートの指導員は、保育中に起こった事故について、指導員個人にその責任を帰せない」という一文は、実際に被害者から訴訟等を起こされた場合、法的に効力があるのでしょうか?
→このような免責条項はなんら意味を持ちません。公序良俗に反するものとして無効(民90条
)となる可能性があります。

>②父母会設営の学童保育等が、雇用指導員をに対して加入できる損害賠償保険は存在するのでしょうか?
→個人、団体いずれかの保険に加入することになります。

>パート指導員より、今後損害賠償保険に加入することによって、個人的責任が問われることになるなら保険の加入は断る、パートを辞めることも考える、との意見が出ました。
→これも間違いで、保険の加入の有無と民事責任の有無は全く関係ありません。法的に責任あり、訴訟を起こされても仕方がないのを、保険で危険を分散するというだけのことです。また使用者責任については当然です。保険に加入しないことによって、個人の民事責任を回避できるようなことはありません。先のような一文を入れてもなんら効果はありません。

 >営業施設であれば、民法第715条の適用になり、運営者側が損害賠償保険に加入できるのでしょうが、こういった民営学童施設が加入できるような保険は見当たりません。
市役所にも相談しましたが、「個人で賠償保険に加入するのがベスト」との回答でした。
→団体保険があればよいですが、なければ個人保険に加入するしかありません。

 

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

質問者: 返答済み 3 年 前.

早々のご回答ありがとうございました。


 


もう少し詳しく教えていただきたいと思います。


 


実際に指導員の故意でないミスで、大きな事故が起こったとして…


(持っていたハサミが目に当たって失明した、おやつの調理中に大やけどを負わせた等)


どのような責任問題になるか。(誰が責任を問われて誰が賠償をするか)


想定できる事例(前例があればそれも)を教えてください。


 


 


 


民法715条の適用についてですが、被用者(父母会)が被害者(の保護者)になるわけですので、使用者責任の有無を問われた場合、どういった扱いになるのでしょうか?


責任者は誰になるのでしょう?


父母会会長でしょうか?父母会全体でしょうか?


 


 


使用者責任を問われた場合、加入できる団体保険がありませんので、父母会全体で賠償請求に対して実費賠償しなければなりませんか?


 


父母会の予算ではとても賠償の支払い能力はありません。


この場合、どういった予後が予想されますか?


 


よろしくお願いいたします。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

間違えて2重投稿してしまったので、1つ取り消します。

もうしわけありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>実際に指導員の故意でないミスで、大きな事故が起こったとして…

(持っていたハサミが目に当たって失明した、おやつの調理中に大やけどを負わせた等)

どのような責任問題になるか。(誰が責任を問われて誰が賠償をするか)

想定できる事例(前例があればそれも)を教えてください。

→被用者が事業の執行にさいして生じた損害ですから、使用者が民715条(使用者責任)を負担し、使用者から被用者へ求償を行うことになりますが(同条3項)、この求償権は信義則により制限されますのが判例の傾向ですので、個人責任を問われるのではないか、という先生の心配は杞憂です。


 

>民法715条の適用についてですが、被用者(父母会)が被害者(の保護者)になるわけですので、使用者責任の有無を問われた場合、どういった扱いになるのでしょうか。

責任者は誰になるのでしょう?父母会会長でしょうか?父母会全体でしょうか?

→使用者又は監督責任者が問われます。父母会全体を訴訟上当事者能力あるものとする(権利能力なき社団か?)のは実際的でなく、父母会会長を名宛人とすることになるでしょう(これは被害者が訴訟行為を行う場合に心配すべきことです)。

 

>使用者責任を問われた場合、加入できる団体保険がありませんので、父母会全体で賠償請求に対して実費賠償しなければなりませんか?父母会の予算ではとても賠償の支払い能力はありません。
この場合、どういった予後が予想されますか?
→個人保険で金額的にカバーできるなら、それでしたほうがよいでしょう。足らざる部分を実費弁償することになります。判決をもらっても、支払い能力がない場合は、絵に描いたもちになります。それ以上のおとがめはありません(被害者が心配することです)。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。
質問者: 返答済み 3 年 前.


ありがとうございます。


 


 


 


では、実際に事故で訴訟が起きた場合は、父母会には損害賠償支払い能力がないので、事故を起こした指導者個人の損害賠償保険(父母会負担で掛けた保険)で、被害者に保証金を支払いして、それ以上の賠償はできない、という事でよろしいでしょうか?


 


 


また、父母会会長のお子様が被害者の場合でも、上記の賠償は適用になりますか?


(ならないと、会長になる人はいなくなります)


 


もしくは、パートさんを取りまとめている「正社員」に当たる専任指導員がおりますので、こちらの方を「監督責任者」とし、専任指導員に対して損害賠償を請求すれば、会長さんのお子様の賠償も受かられますか?


 


ご回答お願いいたします。

質問者: 返答済み 3 年 前.


追加で質問を失礼いたします。


 


 


パート指導員が子供に怪我をさせた場合、パート指導員個人と、責任者の専任指導員と2人を相手に損害賠償を請求することはできますか?

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>では、実際に事故で訴訟が起きた場合は、父母会には損害賠償支払い能力がないので、事故を起こした指導者個人の損害賠償保険(父母会負担で掛けた保険)で、被害者に保証金を支払いして、それ以上の賠償はできない、という事でよろしいでしょうか?

→まさにそのような取り扱いになります。できない、というより、しても無駄ということです。

 

>また、父母会会長のお子様が被害者の場合でも、上記の賠償は適用になりますか

(ならないと、会長になる人はいなくなります)

→適用されます。被害者と加害者をかねている場合も、保険による填補の必要性に変わりはないからです。

 

>もしくは、パートさんを取りまとめている「正社員」に当たる専任指導員がおりますので、こちらの方を「監督責任者」とし、専任指導員に対して損害賠償を請求すれば、会長さんのお子様の賠償も受かられますか?

→民715条2項は使用者に代わって事業を監督する者(代理監督者)も責任を負うとしています。被用者の責任と代理監督者の責任は不真正連帯債務(債務者の一人について生じた事由(免除・時効消滅・混同)が他の者に影響を及ぼさないもの)とされます。

 

>パート指導員が子供に怪我をさせた場合、パート指導員個人と、責任者の専任指導員と2人を相手に損害賠償を請求することはできますか?

→できます。なぜなら、被用者は独立して一般の不法行為責任を負うからです。

 

 

 

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問