JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ご相談したい事があります。 あるオークションにてオートバイのエンジンをAという出品者から落札して購入しました。

解決済みの質問:

ご相談したい事があります。

あるオークションにてオートバイのエンジンをAという出品者から落札して購入しました。
何ヶ月か経ち、不要になったのでオークションに出品しBさんという方に購入して頂きました。
売却して何日か経ち、警察から連絡があり私が購入したエンジンが盗難されたエンジンとの事でした。
もちろん当方は盗難されたエンジンという事は知りませんでした。

私が売却したBさんにその事を伝えると引き取りに行った際の車代、エンジンをオートバイに積む際の修理代やパーツ代、工賃を支払えと言われています。

この場合、私はBさんに「引き取りに行った際の車代、エンジンをオートバイに積む際の修理代やパーツ代、工賃」を支払う義務があるのでしょうか?

Bさんは私に請求するのではなく盗品エンジンと知りつつ売ったAに請求するべきなのでしょうか?

この場合、私はどうしたらよいのでしょうか?

本当に困っています。
宜しくお願いします!!
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お困りの事と思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話しから、法的には、少し違和感を感じる案件です。
今回の案件は、ご相談者様が、オートバイのエンジンを、個人間の取引とは言え
オークションと言う公然の場で平穏にそれが盗難品と知らずに
正式な取引が行われています。
この場合、即時取得と言うのが民法上成り立ち、ご相談者様の所有権は正式に
認められます。
ただし、本当の所有者(盗難された人)が返還請求(回復請求)をした場合は
盗難から2年以内であれば返還請求に応じないといけません。
その場合でも、ご相談者様が買われた代金を相手が支払わないといけません。
そこで、今回の案件ですが、警察がご相談者様に連絡が有ったと言うことは
本当の所有者がいると言うことです。
ご相談者様は、以前の所有者ですから、現時点の所有者(占有者)であるBさんに
本当の所有者は回復請求をすべきことで、ご相談者様の手を離れたものとの関係は
無いと言えます。
ですから、一端、ご相談者にもどしてまたAさんに返還すると言うことなのでしょうか?
その辺りの受け渡しの流れが、どうも不自然に感じます。
Bさんも、ご相談者様に請求すべきことではないと思います。
Bさんは、本当の所有者に請求すべきことで、その場合の損害賠償は
本当の所有者が、Aさんにすべきだと思われます。
とりあえず、弁護士の先生に代理交渉をしていただく手もありますが
民事調停で解決する方法もございます。
ただ、警察から連絡が有ったと言うことは、警察は、盗難の犯人が多分Aさんであることが
わかっていると思いますから
本来は、AさんとBさんと本当の所有者との話し合いだと思います。
自分は、関係ないとつっぱねても良いのではないでしょうか。
もしくは、ご相談者様が、損害賠償して、それをAさんに求償する形でしょうが
それだとどうも回りくどい感じになります。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます!


私が売却したBさんから先ほども記載したように「引き取りに行った際の車代、エンジンをオートバイに積む際の修理代やパーツ代、工賃を支払え」、民事的訴訟になり、その時は私(当方)にも迷惑が掛かると思いますが宜しくお願いします!と言われています。


Bさんには何と言ったら良いのでしょうか?


 


 


・盗まれたオートバイのエンジンの所有者がCさんとします。


・エンジンを盗んだ犯人がDさんとします。


 


仮にAさんも盗品だと知らず私と同じようにどこからか購入などして本当の犯人DだったらBさんは犯人Dに請求するべきって事でしょうか?


 


ここでいう所有者Aさん、最後の購入者Bさん、犯人Dの3人で話し合うという事ですよね?


 


エンジンにはエンジン番号という物があり、それぞれの個別番号があります。


オークションにはエンジン番号が削られている物などが有り、いかにも怪しい物があります。


私的にはこのエンジン番号の有無を見てエンジン番号がある物を購入しました。


ちなみにオークションで出品されていた説明文では


「利用ありがとうございます・今回の出品商品はホンダ純正エイプ100のエンジンの出品です。1週間前に実働車のフロント事故車から取り外しました。エンジン番号も勿論正規番号で残っています。エンジンを始動したところ異音無く調子のいいエンジンだと思います。キャブもケイヒン製のpc18が着いています。キャブもきれいです前オーナーの車体下取りのお客様が言うには93㌔でていたそうです。 車体全体から見てもいいエンジンだと思います。エンジン番号はHC07Eー10・・・です。後cdi~メインハーネスもすべてセットです。宜しくお願いします。後は質問欄から宜しくお願いします。落札の際オークション尚中古品なのでノークレーム・ノーリターンでお願いします」


以上です。


 


エンジン番号は正規番号で残っていて番号の一部も記載されていて、これを見て正規の物だと判断して購入しました。


 


お忙しいと思いますが宜しくお願いします!!


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
ご相談者様が、オークション取引において正規の取引を善意無過失でされているので
あれば、問題は無いと思います。
多分、本当の所有者が、オークション等で探して見つけたのかもしれません。
基本的には、回復義務は、本当の所有者であり、本当の所有者も
最後のBさんに対して自分で請求すべきことと思います。
警察にご相談者様から、現在、Bさんが占有されているので、そちらに
本当の所有者から交渉させて下さいと言うべきかもしれません。
ご相談者様としては、正規の取引をしたので、Bさんに対して
本当の所有者と交渉して下さいと伝えるべきで
オークションの出品者に警察は事情聴取するべきでしょう。
とりあえず、警察に相談すれば、誰と誰とで交渉して下さいとアドバイスがあるとも思います。
犯人が、オークション出品者と同じ人とも考えられます。
そこは、ご相談者様が、関与されなくとも良いと思います。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございます!


 


Bさんが私に対し民事訴訟を起こしても私が敗訴し支払わなければいけない可能性は少ないわけですね?


 


最後の所有者と本当の所有者、盗んだ犯人での話し合いで宜しいですよね?


盗品だと知らず購入し売却した中間の私や他の方は問題無い訳ですよね?


 


あとBさんがあまりにも「パーツ代やレンタカー代を支払え!」って言ってくるようでしたら脅しなどと捉えてもよろしいでしょうか?


 


宜しくお願いします!

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
そのように考えていただいて良いですが
Bさんには警察か本当の所有者に対応してもらいましょう。
まだ、回復権を本当の所有者が使うかどうかわからないのに
エンジンを外す必要も無いでしょう。
その辺りのリアクションの意味合いが不明です。
正当な取引なら、回復請求がなければ、それで問題は無いはずです。
ご相談者様に対しては脅迫罪と言うか、強要罪や恐喝罪も有り得るので
その場合も、警察にご相談して下さい。
本当の所有者と犯人が話し合いをするかどうかは疑問ですが
もし本当の所有者と連絡が取れるなら、回復請求をするのか
ご確認された方が良いでしょう。
Bさんは、回復請求権が行使された時に、損害を本当の所有者に請求されれば良いのです。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.


Bさんですがエンジンを外すのではなく私から購入した時にBさんに直接手渡しで渡したのですが私が岐阜県でBさんが愛知県から引き取りに車体に取りに来たのでレンタカー代、ガソリン代を、取り付ける際に掛かった部品、工賃を盗難品だった場合、民事訴訟で請求するという事でした。


 


ですので取り外す際の工賃ではなく取り付けた際の工賃や部品代という事です。


それでも盗品だった場合の取り外す際の工賃も請求すると思いますが。


 


宜しくお願いします!

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
回復請求がなければ、取り外す必要も無い訳で
なぜ、取り付け代金等だけ請求ができるのかのBさんの根拠がわかりませんが
盗品と知らなければ、何ら所有権には、影響ありませんし
売買したご相談者様とBさんの間では、何ら違法な取引はないのに
Bさんの行動の意味がわかりません。
盗難品だろうが、そこはもう関係ありません。
回復請求があっても、Bさんは損はせず、その補償を正当な所有者に請求出来ます。
無視しなさいとまでは言いませんが、充分に話し合われることです。
正当な所有者の意思を最初に確認してみて下さい。
警察でも良いと思います。
警察も、単に盗品かどうか確認するだけで、動きは無いかもしれません。
古物商などのプロが売買して無い限り没収等も無いでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問