JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

ご回答ありがとうございます。 ところで、1年半の別居期間+調停をしたが調停が不成立になった場合裁判になると思い

解決済みの質問:

ご回答ありがとうございます。

ところで、1年半の別居期間+調停をしたが調停が不成立になった場合裁判になると思いますが、裁判になった場合この別居期間と調停は婚姻破綻として離婚が認められる確率は高いでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

裁判による離婚が認められるには、別居期間が長期にわたる必要があると考えられています。従来であれば5年が目安と言われていましたが、最近では3年でも離婚が認められることもあるようです。

調停を申し立てていることは離婚が認められる要素にはなりません。相手が離婚を望んでいない場合には1年半ぐらいの別居では離婚が認められない可能性があります。
ただし、逆に相手が離婚しても良いと考えていれば別居期間はあまり重要ではないことになります。離婚に合意できない他の問題を解決して離婚の判断が下されるでしょう。



shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問