JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4805
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

業務妨害および営業妨害についての質問です。 当方は鮮魚仲卸及び、小売り、仕出し店を営んでおります。 市場での事で

解決済みの質問:

業務妨害および営業妨害についての質問です。
当方は鮮魚仲卸及び、小売り、仕出し店を営んでおります。
市場での事ですが、他の同業者【私が卸している市場から違う市場へ品を運ぶ業者】に競りの最中に私が大手市場より運んで来た品物の価値を落とすような発言を多々されます。
以前、他の事でその相手に文句を言った事があり、その時には仕出し業務のお客様が減ると言った事が有った為、父【経営者】は相手に対しては無視するとか相手にするなと言います。
しかし、市場の仕入れで購入品が被れば相手はこちらが大手市場より運んで来た品物に対して価値を落とすような発言を更にする可能性が有ります。
今まででも、競りの最中に【あの魚は腐っているとか等】色々と言います。
証明してくれる仲買さんがいれば業務妨害および営業妨害として相手に何らかの対応が出来るのでしょうか?
当方、法律に関しては無知に近いので分かり易く説明して頂くと助かります。
よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お困りのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、法的には、信用棄損罪や業務妨害罪が成立する可能性があります。
いずれも、虚偽の風説を流布したり偽計を図って、人の信用を貶めたり
業務を妨害する場合に成立します。
刑罰としては、3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金です。
もちろん、刑事事件として刑事告訴も可能です。
まずは、警察にご相談されることです。
ただし、信用棄損罪等は、実際に被害が無くても成立する危険犯か
実際に被害が生じている場合の侵害犯でのいろいろ見解が分かれる部分もあるので
刑事事件として逮捕されるかどうかは微妙なところです。
何らかの被害が出ていれば問題はありません。
ただ、それでは、大げさな感じもしますし、損害額がもどってくる訳ではないので
民事事件として、不法行為による慰謝料請求と謝罪広告の要求をされると良いでしょう。
内容証明で、請求されると、相手に本気度が伝わり、なめられることは無いでしょう。
もちろん、内容証明は、ご自分でも出せますが、文字数や使える字が決まっていたり
文面も法的なものにするためには、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されても良いでしょう。
行政書士の先生が比較的お安いです。
応じなければ、刑事告訴する主張されても良いでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問