JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

有料放送のレンタル受信機の扱いについてお教えください。 昨年11月初旬、新機種の受信機を購入するために、リース中の

解決済みの質問:

有料放送のレンタル受信機の扱いについてお教えください。
昨年11月初旬、新機種の受信機を購入するために、リース中のレンタル受信機の残金を支払い
解約精算をいたしましたがその際レンタル受信機の返却を求められました。
返却が面倒のため返却不要の手続きをカスタマーセンターで方法を聞き、
Web上で手続きを完了しましたが後日(11月20日頃)返却の請求が来ました。
再度カスタマーセンターでその旨を話し、返却不要の確認(日付と時間、窓口担当者名を控えている)を取りましたが先日、再度返却の請求が有り、返却しないと受信機の損害請求をするという手紙が届きました。
こちらは窓口の担当者に確認をしたものですから驚いています、この場合どのように対処したらいいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お困りの事と思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、リースによるスカパー等の有料放送の受信機を借りていたと言うことですから
お書きになっている通りレンタルと言うことで、それは賃貸借契約となります。
リース後に、買い取ることになると割賦販売契約となりリース契約とは言えません。
お話しの流れから、リース期間が満了したのではなく、中途の解約と言うことだと思いますので
本来、リース契約は、中途解約できませんが、業者との合意解除が出来る場合もあります。
その場合も、リース期間の残額を支払うようなことが多いようです。
つまり、ご相談者様は、リース契約を合意解除した訳で
当然、レンタルの契約が終了しただけで、買い取りの契約ではありませんから
一般的には返却義務があります。
カスタマーセンターの場合は、受付がアルバイトや派遣社員の場合もあり
業務知識の徹底がなされてないことでのトラブルはあるようです。
ただ、リース契約は、売買契約ではないと言う事での法的な対応をされてしまうと
ご相談者様に不利な状況になる可能性もございますので、受信機を返却された方が良いかも
しれません。
仮に商品に瑕疵があったとか、ご相談者様に不要な機能の商品等を契約させられたと
言うのであれば、残金を支払わずに解約もありますが、それでも買い取りには
買い取りの、特約が契約書に無いと難しいかもしれません。
とりあえず、今後も協議になるでしょうが
ご相談者様が、個人で消費者と言うことであれば、消費者被害として
国民生活センター(国の運営)か消費生活センター(自治体の運営)にご相談されると
良いでしょう。
もし、それが違法と判断されれば、内容証明で、返却拒否の通知をしましょう。
内容証明は、ご自分でも作成できますが、文字数や使える文字など制約がございますので
民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されるとスムーズに行くでしょう。
行政書士の先生が比較的お安いです。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問