JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

火災による事後処理について 自宅から火災を発生させて隣家に類焼をさせてしまいました。 見舞金を支払いたいが時間経

質問者の質問

火災による事後処理について
自宅から火災を発生させて隣家に類焼をさせてしまいました。
見舞金を支払いたいが時間経過とともに類焼した隣家に感情的な言動をはかれ交渉がしにくい

見舞金は保険給付で領収書が必要だが相手方がすんなり応じるかが疑問である。
特に一件の家が盛んにこちらの重過失の疑いを指摘してくる。
領収書とともに念書をとって今後一切の請求されないように解決したい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 重過失とは失火責任法のことをさしていると思われます。民709条は失火の場合には適用しないが、重過失の場合には適用されるとするものです。

 重過失の立証はいうまでもなく重過失を主張するがわが立証すべきものです。


 軽過失の場合は民709条責任を免れるとするものですが、この場合も、債務不履行責任は免れません。本件では関係ないのですが借家人のケースでは問題になります。

 念書の作成はよいと思います。
 「以上のほか、甲乙間に一切の債権債務のないことを確認する」旨入れればよいでしょう。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

法律 についての関連する質問