JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

今日は、親権についてお尋ねします。実は息子の事ですが、息子には来月1歳になる娘がいます。しかし、訳あって今別居中です(妻からモラルハラスメント・若しくはマニユピレーター等、かなり酷

解決済みの質問:

今日は、親権についてお尋ねします。実は息子の事ですが、息子には来月1歳になる娘がいます。しかし、訳あって今別居中です(妻からモラルハラスメント・若しくはマニユピレーター等、かなり酷い事をされていました。愛する我が子にも殆んど触れさせてはくれず、外で寝泊まりさせられていた状態、つまりホームレスのような生活をさせられていた状態でした。自分の給料は全部生活費として使われていたので、ホテルやネットカフェ等に泊まる事さえ出来ない状態でしたので、このままだと、生命の危険もかんがえられましたので、親族で半ば強制的に別居させました。そんな中でも、息子は妻に愛情があり、離婚は考えていません。そんな中でも、仕事にはちゃんと行っていたので、精神力が強いのでしょうか。息子はもう、精神が病んでいると思います) 別居したのは、昨年の10月後半でしたが、息子は自分の娘にとても会いたくてたまらないのですが、妻からの反応が怖くて電話もメールも恐れていましたが、やっと今朝勇気を出してメールにて、娘に会いたいと妻に伝えたそうです。今のところその返事は貰えてないようですが、 それでご相談です。このまま別居がつづいて、息子が時々娘に会えるようになるため、また父親の責任としての養育費などの話し合いができたらと考えています。出来るなら調停に申し出たいという希望を持っています。現時点の息子の年収は250万はないと思います。妻の年収は500万以上はあると思います。どうか良きアドバイスを宜しくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変息子様のことでお悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、どう言う経緯で、そのような状態になったかがわかりませんが
マインドコントロールなど奥様から息子様にされていると言うのでしょうか。
そのような状況でも離婚をしたくないと言うのも、不思議な話です。
分かる範囲で、親権等についてご回答致します。
基本的に、乳幼児などの小さいお子様の場合は、親権等は、家庭裁判所の調停になると
9割方は、奥様側が有利になります。
後の1割は、奥様がお子様を虐待(DVやネグレクト<育児放棄>)している場合か
ご主人様側で、単独の育児実績があると言うことです。
そういう意味では、現状では、親権等は難しいかもしれません。
もちろん、収入が低い方が親権が取れないと言うことではありません。
別居が続く場合は、養育費ではなく、養育費を含んだ婚姻費用の支払い義務があります。
婚姻費用も養育費も算定表で決まっていて
現時点の設定では、婚姻費用は、息子様は免除される形になります。
とは言え、お子様との面会交流は、調停にでもなれば、月1回以上はするように
指導されます。それを狙う手もございます。
家庭裁判所に面会交流の調停を申立てると良いでしょう。
調停の費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。
それと、息子様の奥様が離婚したいかどうかはわかりませんが
市役所に「離婚届の不受理の申出」を出しておけば、調停になっても
息子様の同意がなければ離婚できません。
まだなら提出しておいて下さい。離婚届を勝手に出す人もいますし
離婚届には親権者指定欄があるので、ご注意が必要です。
まずは、内容証明で、お子様の面会交流権の主張をしましょう。
応じなければ調停をすると主張します。
内容証明の作成は、民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。
行政書士の先生が比較的お安いです。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問