JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ライブハウスのチャージバックに関してです。大阪Aというライブハウス、

解決済みの質問:

ライブハウスのチャージバックに関してです。大阪Aというライブハウス、出演者募集に「1枚目からチャージバック」って明記してあり、事前に10枚チケットを渡されるときに確認したのですが店長が「1枚目から10枚は10%のチャージバック、11枚目~20枚は20%」って断言しました。 ライブを終え、この日は4人呼んだのでチャージバックはときくと「4人の集客じゃ、そんなの払えないよ」と言われました。「10人呼んではじめてもらえるんだよ。いやならもう出演させないよ」と言われました。1枚目から支払うと書いてあるのに払わないのは明らかに違法ですよね?そういう契約で出演してるのですから。また「1枚目」からチャージバックを支払わないなら不当表示(誇大広告)となるはずです。その表示の撤回も求めたい。このような扱いを多くのミュージシャンが受けており、年間で数十万円もの未払いが発生しているものと思われます。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お腹立ちのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ライブハウスで演奏するミュージシャンを募集していて
その募集要項に、そのことが書かれていたということでしょうか?
その時に、契約書は交わしていますでしょうか。
多分、その手のライブハウスだと契約書などは交わして無い可能性があります。
そうなると、口約束でのことか、或いは、個別に判断するみたいな逃げ道を作っているのでしょう。
いずれにしろ、悪徳なやり方と言えます。
契約書があれば、いくらでも法的に争えると思いますが
無くても、その募集要項から賃金の不払いと言うことで、労働基準監督署に
まずはご相談された方が良いでしょう。
その上で、違法と判断されれば、損害賠償等を請求しても良いでしょう。
損害賠償請求は、内容証明でされると効果的です。
内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。
また、いやなら出演させないと言うのは、賃金の請求を意に反して辞めさせる強要にあたる可能性もあります。
刑事告訴等も可能かもしれません。
ただ、損害額と法的に専門家にご依頼する報酬額の兼ね合いから、誰もが泣き寝入りして
いるのだと思いますから、集団で協力して対抗するのも手かもしれません。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問