JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

居酒屋を経営している者です。お店を任している板長が売上を横領していることが発覚して、現在証拠を集めています。毎日2万

解決済みの質問:

居酒屋を経営している者です。お店を任している板長が売上を横領していることが発覚して、現在証拠を集めています。毎日2万~5万円くらいづつ伝票を捨てて、現金を持って帰っています。現在、オープンから4年半経ちます。仕入と売上を比較すると2年ほど前から横領していると思うので、最低でも700万以上は横領されていると思います。只、最近の証拠はあるのですが、以前の証拠は仕入や売上のデータしかないので、本人と話し合いをして業務上横領の告訴をしないかわりに500万の返済をしてもらう方向でと考えているのですが(支払能力はあります)どういう流れで対応するのがいいのでしょうか。警察に被害届を出したほうがいいのでしょうか・・・私の管理不足、信用しすぎていました・・・反省しております。羽振りよく飲みに行っているのは知っていたのですが、まさかお店の売上を持って行ったとは考えもしていませんでした・・・
気づいた理由は、来店したお客さんが今日も忙しそうだったと言われ、伝票を見ると暇で、おかしいと思い調査すると30人来客が13人の伝票だけとかになっていました
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

行動を開始するのは証拠が集まった後にしましょう。

動き方ですが、「告訴をしないかわりに500万の返済をしてもらう方向でと考えている」とこれをそのまま伝えればいいのではないでしょうか。
少なくとも700万円ならば、500万円に引く必要はないでしょう。強気に満額請求してください。犯罪によって得た利益を、そのまま手元に残すことになってしまいます。

そして、500万円をどのように払うのか支払計画を立てさせてください。

本人が認めないようでしたら、民事裁判。
さらに処罰まで望むようでしたら刑事告訴。
何も迷うことはありません。質問者様が望む結論に向けた行動をとればいいだけですよ。

証拠さえそろえておけば、行動の順序に明らかな誤りなどはありません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

こういう事件の場合、損害賠償請求はしないものなのでしょうか。オープン時の約束では、給料は25万円で雇ったのですが、オープン時は頑張ってくれていたので、以後ずっと毎月30万円支払っています。売上が悪いときは25万の約束だったのですが、売上が減って赤字になっても一度も給料を下げたことがありません。(他の経営をしている為、そちらでカバーしていました)赤字でも給料下げずに支払していたのに、こんなに裏切られてることが、腹立たしく・・・この毎月5万円を脱税していただろう2年分を返金請求は違法なのでしょうか。

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
当然しますよ。

もちろん請求するまでもなく、本人が支払うと言ってくれればいいのですが、
支払自体は必ずさせます。
そうしないと、横領しても何にもならないということになってしまい従業員のモラルが崩壊します。雇用側としてもしめしがつかないはずです。

「脱税」?ではないですよね。
請求できるのは横領した分だけであり、支払った給与を返せということはできません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい、横領です。例えばおおげさに言うと、横領が500万損害賠償で100万の600万の請求もできるということでしょうか。損害賠償金額は話し合いで決めてもいいということでしょうか。

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
決しておおげさではありませんよ。

横領された分は確実に請求できます。
それ以上の請求をするには、横領されたことによってさらなる被害が発生した事実が必要です。
あくまで発生した実損害分のみを請求できるということです。

額は話合いで決めるのは向いていません。
実損害分を全額負担させるべきです。
話合いは分割払いのことなどに限るべきです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問