JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4872
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

50代前半の子どものいない夫婦です。10日前(1月18日)、今借りている家の大家が突然、今年3月末までに家を明け渡し

質問者の質問

50代前半の子どものいない夫婦です。10日前(1月18日)、今借りている家の大家が突然、今年3月末までに家を明け渡して出て行ってほしいと言ってきました。大家の息子が親元に帰ってきて、今私達が借りている家に住むからというのが、理由です。引っ越しその他の手続き等もあるので、何とか家を明け渡すのを7月末まで伸ばしてほしいと、簡裁に調停申立てはしていますが、大家がそれに応じる見込みも殆どなく、また私達としては、もう今住んでいる家に全く未練がないので、3月末までに転居することに決めています。その際、大家から立ち退き料(引っ越しその他の費用?)のようなものを支払ってもらいたいのですが、そのお金を何とかとる方法はありませんか?また、こうした場合の立ち退き料の相場はいくらぐらいなのですか?どうか教えて下さい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お辛い状況だと思われます。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、貸主は非常に横暴だと思います。
もともと、定期借家契約でもない限り、一般の借家契約では
貸主は、期間満了の1年前から6か月前までに、更新を拒否する通知をしないといけません。
その場合でも、社会通念上妥当と言える正当な理由がないといけません。
大家さんの息子様が住むと言うのは、全く正当な理由となっていません。
裁判等しても、まず、大家さんが敗訴します。
当然、立ち退きに応じる必要はありませんが、借地借家法があると主張されて
今回は、譲歩します。その代りに立ち退き料を支払って下さい請求されても良いでしょう。
立ち退き料は、借地権であれば、ある程度、決めごとはありますが
借家権と言うのは、法的にはないので、一般的には、家賃の1年分や2年分を請求する
こともありますが、現実問題としては、引越し代と家賃6カ月分と言うのが多いようです。
ただ、おとしどころはそこで良いかもしれませんが、最初は2年分などとふっかけても良いかもしれません。
とりあえず、内容証明で請求されると良いでしょう。
応じれば、きちんと、示談書を作成された方が安全です。できれば公正証書が良いでしょう。
内容証明や示談書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。
調停は、いつでも取り下げることが可能です。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問