JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

妻55歳、夫41歳、再婚7年目です 子供は、妻(私の連れ子)22歳と16歳 夫年収1400万 妻年収100万 昨年の夏から、夫に愛人ができ、私と別れたい、とりあえず別居だけ

質問者の質問

妻55歳、夫41歳、再婚7年目です
子供は、妻(私の連れ子)22歳と16歳
夫年収1400万 妻年収100万
昨年の夏から、夫に愛人ができ、私と別れたい、とりあえず別居だけでもさせて欲しいと、12/17に、申し入れがありました 私が、愛人の存在確証したのは、12/25です
夫は、自分の子どもが、欲しいらしく35歳の愛人に生んで欲しいそうです
勿論、離婚成立が望ましいのですが、不成立でも、欲しいとのこと

私は、別れたいですが、生活の不安もあり、公正証書を、書いてもらい、別居が離婚に踏み切ろうと思います
先日、弁護士さんに、相談したところ、未成年の子ども1人の養育費も混ぜても、25〜30万くらいしか貰えないと、言われました
主人は、それをまだ、知らないので、現状50渡してるから、別れる時は、40万毎月渡すと行ってくれているので、公正証書に、書いてもらおうと、思っていますが、果たして、自営業なので、それが、どれくらいの拘束力が、あるのか、不安です、裁判したら、25万と、言われそうで、このまま書いてもらった方がいいのですが、公正証書とは、裁判の判決ほどの、支払い義務、拘束力が、あるのでしょうか?
娘は、4月から社会人ですが、高1の息子は、これから教育費が、かかるので、心配です
尚、二人とも養子縁組済みです
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お辛い状況と思われます、
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ご主人様の一方的な離婚の要請で、理由も愛人が出来たからと言う飛んでもないものです。
本来、有責配偶者からの離婚請求は原則できません。
例外は、ありますが、今回は、ご相談者様も離婚を覚悟されているようです。
ご心配内容が金銭的な物だけであれば、それなりの工夫も大切です。
有責配偶者からの離婚請求が認められる例外は以下の3つが整う場合です。
1、別居期間が長期にわたる。:判例では6年と短くなっています。
2、未成熟子がいない。:未成年の子がいないことですが、いる場合でも最近は認められます。
3、配偶者に対して十分な補償をする。:今回は、ここがポイントです。
になります。
まずきちんとした、離婚条件が提示されるまでは、離婚に応じないことです。
そのためにも、まだであれば、市役所に「離婚届の不受理の申出」を提出しておくことです。
これを出していれば、家庭裁判所の調停になっても、ご相談者様が合意しない限り離婚ができません。
勝手に離婚届を出す方もときどきいますのでご注意が必要です。
また、婚姻期間がどれ位かがわかりませんが、連れ子のお子様との関係が希薄だと
養子縁組を勝手に解除される可能性もございますので「養子離縁届の不受理の申出」もされて
おくと良いでしょう。
養育費は、いくらでも自由ですが、算定表と言うものがあり、それより多ければ減額される
恐れはあります。
そういう意味では、減額等の恐れがない、慰謝料としてもそれなりに請求しておくと良いでしょう。
公正証書は、裁判の確定判決と同じような効力もありますので
離婚協議書としては有効と言えます。
養育費や慰謝料の未払いには、強制執行が可能です。
それと、不貞行為の慰謝料を相手の愛人にも請求をしましょう。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問