JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

私の会社に以前居た社員が、退社した後に同業の会社に入社して、私の会社の顧客データーを持ってるのもあってか、少しづつ取

解決済みの質問:

私の会社に以前居た社員が、退社した後に同業の会社に入社して、私の会社の顧客データーを持ってるのもあってか、少しづつ取られていき、今私の会社は、倒産に追い込まれてる状態なのですが、このままでは、悔しいので何か、方法とか対策は、ないでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>退社する時に会社の顧客や商品データーの利用は、しないなどの誓約書にサインさせる予定だったのですが、これにサインさせるなら不当解雇だなどと言われてそれ以上は、結局出来なくサインしないまま退社しました。

→この誓約書にサインさせていない場合は、競業避止特約についての証拠がないので非常に不利です。あらゆる法律(不正競争防止法、民法)がその特約の存在を前提にしていますので、泣き寝入りが99・9%です。

 無理を承知で提訴するしかないでしょう。誓約書に署名する直前に労働者に不当解雇だと脅迫されるかまたは錯誤で特約の締結を断念させれらた、というような主張がありえます。

 ★雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につ一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問