JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

社会保険労務士とファイナンシャルプランナーの仕事をしています。私は消費税課税事業者ではありません(売上高も1千万に満

解決済みの質問:

社会保険労務士とファイナンシャルプランナーの仕事をしています。私は消費税課税事業者ではありません(売上高も1千万に満たないし、課税事業者を選ぶ予定もありません)が、相談料や社会保険や労働保険の事務手続き報酬に消費税5%(4月から8%)を入れた額でお客に請求しても構わないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。

課税売上1,000万円以下の場合、
消費税を国に納めなくてよいだけで、消費税込みの金額を請求していいのです。

なお、免除は、前々年度の課税売上が1,000万円以下の場合に適用され、新規の設立の場合、売上1,000万円以下であれば免除ですが、1,000万円超となれば、その期から課税されます。

このように、最終売上の数字によって、納付する場合があるので、消費税をしっかり請求しておかないと、いざ課税対象となったとき、自分が消費税を負担しないと行けなくなります。

免除に関しては、こちらに詳しくあります(国税庁HP)。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6501.htm
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問