JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

「貸して」と言ってない人に、お金を渡すとそれはあげたことになるのですか?

解決済みの質問:

「貸して」と言ってない人に、お金を渡すとそれはあげたことになるのですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。

お答えいたします。よろしくお願いいたします。

まず、結論からですが、

「「貸して」と言ってない人に、お金を渡すとそれはあげたことになるのですか?」

法律上は、そのようなことはありません。

「貸す」、「あげる(贈与)」いずれも、契約ですが、契約の内容と成立は、当事者の意思に基づきます。
ですから、お金を渡した趣旨が、「貸す」趣旨なのか、「あげる」趣旨なのかは、あくまで、当該、具体的な当事者間の意思内容によります。

ただ、実際には、お互い、そんなつもりではなかった、という言い合いになる場合があるでしょう。
最終的には、裁判で裁判官がどのような認定をするか、ということになります。
裁判官としては、具体的な状況によって、当事者の意思を推測していきます。

「あげる(贈与)」場合、通常、密接な人間関係があるはずですから、そのような人間関係があるかどうか、

お金の額、(親子など密接な関係にない人同士で、多額な贈与があるとは通常考えられない)

当事者の言動、
借りる側の収入(全く無収入である場合、返済見通しがないのですから、あげる趣旨だったのではないか、と考えることもできます)。

以上の様に、具体的な事情によって、異なってきます。
ご検討ください。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問