JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

こんばんわ質問させて下さい。妻はヒステリックで、暴言だけにとどまらず、物を投げる、壊す、暴力を自分や子供

解決済みの質問:

こんばんわ 質問させて下さい。 妻はヒステリックで、暴言だけにとどまらず、物を投げる、壊す、暴力を自分や子供にまで振るうと行った状況が続き、最初のころは我慢していましたが、最近は手を出されたら自分も出すといった感じになっていました。 しかし、最近 いわれのない疑いをかけられたうえ、子供に暴力をふるいキレはじめ殴りかかってきたため、いつもどおり応戦したところ、診断書をとって警察に相談に行かれました。 警察では、夫婦喧嘩なので、今回は注意だけに留めますとのことでしたが、納得いかないので、自分も診療を受け診断書を取得しました。 自分のことを棚に上げ、警察に相談する行為が許せず、妻への信頼感はなくなりました。 今後を離婚を視野に入れ、行動したいと思いますが、今回のこの件が離婚でどの程度影響があるか、また子供の親権は妻の状況(子供に暴力をふるうことや言動)から自分が取得したいと考えておりますが、子供の証言や気持ちはどの程度考慮されるのかお聞きしたいと思います。 これまでの、暴言、暴力などの状況は、日記や写真、ボイスレコーダーなどにある程度記録してあります。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


「今回のこの件が離婚でどの程度影響があるか」とは具体的にどのようなことを心配しておられるのでしょうか?

また、お子さんの年齢は何歳でしょうか?

また、お子さんはどちらと一緒にと住みたいかという意思表示をしていますか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

「今回のこの件が離婚でどの程度影響があるか」とは具体的にどのようなことを心配しておられるのでしょうか?


・離婚ということにより、お互いが傷害で告訴という形は男女で有利不利は出てくるのかどうかということと実刑までの可能性です。


 


 詳細な状況を記載したいところですが、すると特定されそうなのですが、情報は非公開にできるのでしょうか?



また、お子さんの年齢は何歳でしょうか?


・この情報も特定されそうなのですが非公開にできるのでしょうか?


 



また、お子さんはどちらと一緒にと住みたいかという意思表示をしていますか?


・基本自分と思いたいですが、子供に精神的プレッシャーをかけているようなので何とも言えません。


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
このサイトでの質問は非公開にはできません。ご注意ください。

今までの情報で回答はできますが、一般論の回答となります(こういう場合はこういう結果になる)。

それでも良ければ回答いたします。


質問者: 返答済み 3 年 前.

了解しました。


子どもの年齢は1ケタ複数です。


とりあえずこの情報でお願いします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
・離婚ということにより、お互いが傷害で告訴という形は男女で有利不利は出てくるのかどうかということと実刑までの可能性です。
→奥さんが日常的に暴力を振るっていたために、それに応戦していたという事情であるならばお互いに有利不利ということはありません。というよりも夫婦喧嘩であれば、よほど一方的に暴力を振い、日常的に重症を負わせていたという事情がなければ警察に捕まり実刑になることはありません。


お子さんの親権の問題ですが、離婚の際に親権者を話し合いにより決められなかった場合は家庭裁判所の調停または審判により定められます。その際にはまずはお子さんの福祉が最優先されます。親が親権者になりたいと主張しても裁判所が認めなければ親権者になることはできません。あくまで裁判所はお子さんの福祉を優先させます。考慮されるのは、生活環境、経済環境、そしてお子さんが10歳前後であれば、お子さんの意思が重要視されます。
お子さんへの暴力をしていたのであれば、生活環境からしても奥さんに親権が渡る可能性は低いでしょう。
また、精神的なプレッシャーをかけていても家庭裁判所の調停委員はそれを見抜いて、お子さんの本当の意思を親切に聞き出してくれますので問題ありません。
以上のことから、お子さんの親権者はお子さんの福祉を考えると質問者様になる可能性が高いと考えられます。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問