JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ストーカー規制法について教えて下さい。どの程度、追い回したら有罪になる、などの規定か判例を教えていただけないでしょう

解決済みの質問:

ストーカー規制法について教えて下さい。どの程度、追い回したら有罪になる、などの規定か判例を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。
民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは、いろいろお悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ストーカー規制法は、昨年改正されたばかりで、
以前に比べて使い勝手がよくなったと言えますが
まだまだ、警察がきちんと動かず、昨年の三鷹のストーカー殺人事件のようなことが
繰り返されています。
 基本的には、執拗なつきまとい行為があれば、警察にご相談をして
警察から、ストーカー行為を辞めるよう警告されます。
パトロールなどもしてくれます。
それでもなおストーカー行為を続ける場合は、公安委員会から禁止命令が出されます。
禁止命令が出ても従わない時に、罰則を受けます。
罰則は、懲役1年以下または100万円以下の罰金です。
 ストーカー規制法違反は、親告罪(6か月以内)で訴えも可能す。
被害者から告訴する場合は
懲役6か月以下または50万円以下の罰金刑です。
判例としては、千葉県で、40代の男性が20代の女性に対して
たったの5回交際を求める手紙を繰り返し出しただけで
逮捕されています。
被害者がどれだけ恐怖を覚えるかもあると言えます。
現在、ご相談者様がストーカー行為をされているようであれば、すぐに警察にご相談下さい。
改正後は、繰り返しの携帯等のメールでもつきまといになりました。
質問者: 返答済み 3 年 前.


どれくらい恐怖を覚えるかという点に関して教えて下さい。

男性が被害者として告訴されるケースもありますか。

どれくらい恐怖を覚えるかという点は、どうやって図られるのでしょうか。たとえば、セクハラ規制は、女性がセクハラされたと思ったらセクハラになると聞いたことがありますが、ストーカーはどうでしょうか。

 

最初に男女が交際を始め、男性が女性に告白し、結婚の話もしたものの、その後、うまくいかなくなり、話し合いをもつために女性が男性を捜索した場合はどうでしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ストーカーの認定は、反復によるつきまといです。それは4~5回でも認定されます。

ストーカー規制法自体は、親告罪ですから、被害者が恐怖を感じれば

警察に言ったり告訴もあり得ると言うことで、感じ方は人それぞれでしょう。

自分では、そう思わなくても被害者がそう思えばというところはセクハラと似ています。

交際中の男女が、別れたりすることで、ストーカー事件に発展することはよくあり

女性もストーカー加害者としての対応は当然されます。悲惨な事件を起こすのは男性ストーカーが

多いようですが、決して女性がストーカーとして少ない訳ではありません。

 ストーカーになるかどうか気になされているのであれば、反復性、つまり繰り返しの

回数だと思われます。

話し合いを要求するなら第三者を入れた方が安全でしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.


第三者を入れることは検討されています。反復性は3回までだとして頻度も関係しますか?反復の回数のみですか?

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

メールだと1日何十回だと、それで、もう認定される可能性もあります。

期間が空いても、ケースバイケースです。

また、そのメールや手紙や電話等の内容など、実際にはトータルな部分で見られます。

ただ、いくられない絡みと言えどもストーカーの問題と婚約破棄などの問題は

別物です。その場合の交渉の要求は、ストーカーとは言えないでしょうね。

事案が分からないので何とも言えませんが、ケースバイケースです。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問