JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

先生方、どうぞ宜しくお願い致します。 結婚5年目です。 私は自営で海外で働いており、夫は日本に住んでいます。

質問者の質問

先生方、どうぞ宜しくお願い致します。

結婚5年目です。
私は自営で海外で働いており、夫は日本に住んでいます。
夫とは離婚を考えていて、連絡などのやりとりもありませんが、夫は私とは離婚をしたくないそうです。夫には職があり、生活費なども渡していませんが、私の方が収入はあると思います。また子はおりません。

将来的に離婚する事を前提に貯蓄を考えています。
財産分与をしたくないのですが、どのような形で貯蓄したら良いでしょうか?
両親名義の口座、または会社の口座で貯蓄する事を考えましたが、どのような方法が一番よいかがわかりません。また海外口座での貯蓄は考えておりません。
どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。


財産分与をしない、というのは原則として無理です。法律上のテクニックとかそういうものではなく、離婚時には夫婦の財産を清算するというのが決まりだからです。

財産分与をせずに離婚するには、配偶者との間で「財産分与をしない。」という合意をとりつけるしかありません。

変に口座名義を工夫して貯蓄等すると、強制執行妨害罪に問われるおそれもありますので、おすすめできません。
また、万が一逃れることが出来ても、離婚後ある程度期間が経ってから訴訟などされるおそれがあります。

離婚をする理由が相手にあるのでしたら、慰謝料代わりに財産分与をしないという条件を引き出すのがベストでしょう。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

Jo ban先生


 


ご回答ありがとうございます。


財産分与ですが、海外と日本で離れて暮らしていて、生活を共にせず、やりとりも全くない場合、どの程度発生しますか?


現在の貯蓄は夫婦で築き上げた財産というよりは、一人で築いた財産です。または、個人で購入したマンション等も財産分与の対象になりますか?なった場合は、マンションを売却し、販売額を折半等になるのでしょうか?


また、貯蓄額は、相手が興信所等を使って、知り得る事はありますか?


 


 

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
分与するのは、結婚期間中に得た財産の半分です。

一人で買ったから必ず分与しなくていいとは限りません。
マンション購入代金にあてたお金を、配偶者の助力なくして得たものかどうかというのがポイントです。
すでに不仲になっていて、別居状態なのでしたら、分与はしなくても大丈夫です。
結局、裁判所の判断を仰ぐしかないので、質問者様としては分与しないという主張を貫けばいいのです。

興信所等を使って、不動産名義を特定されることはあり得ます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

Jo ban 先生


 


ご回答ありがとうございます。


もう少し詳しく質問をさせて下さい。


 


1) 5年前の新婚当初から海外と日本で離れて暮らし別居しております。共に生活した期間は3ヵ月ないと思います。別居後から得た収入は全て私一人の力で得た収入です。


共に生活していない事、収入は一人で得たもの、ということが裁判所で証明できれば、財産分与はしなくても良い、という判決もあるということですね?


一般的に私のような場合、財産分与をしなくても良いという判決になる可能性はどれくらいですか?


 


2) 私の会社名義の貯蓄は財産分与の対象になりますか?こちらも一人で築いた財産です。


 


3) 会社名義、または個人名義の銀行口座の貯蓄額を興信所を使って知り得る事はありますか?


 


どうぞ宜しくお願い致します。


 


 


 

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
法律問題を可能性で示すことはできません。
事実に対応する判決が出るまでです。

共に生活していないからといって分与しなくていいわけではありません。単身赴任も夫婦の形ですからね。

相手の事情もあわせて検討する必要がありますから、今結論を出すことはできませんよ。

会社についても同様です。
その会社が夫婦においてどのようなものだったのかが大事です。
単に名義がどうとか単純な問題ではありません。

法律 についての関連する質問