JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。現在に至る
66125890
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

就業規則と雇用契約書に同意の印鑑を押さない社員がいる・・・・。 本年1月から就業規則と雇用契約書を社会保険労務士に

解決済みの質問:

就業規則と雇用契約書に同意の印鑑を押さない社員がいる・・・・。
本年1月から就業規則と雇用契約書を社会保険労務士により労働基準法に基づいて作成して頂きました。社員には説明しほとんどが納得し、印鑑を押してくれました。
しかし、1名だけサインしてくれません。その理由として現場に出る者は週40時間制に土曜日は残業時間とした賃金を支給する内容になっているのです、それでこの1名だけ内勤ですから社命ではないのに夜9、10時まで居残り、残業代を請求しています。この雇用契約書には残業代が含まれた内容になっています。それを理由にサインしてくれません。就業規則と雇用契約書は残業代も含んだものを法律に基づいて作成していただいたのですが、納得いかないのでサインはしないといいます。サインしてもらうににはどう
すればいいでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

さっそく回答させていただきます。
そもそも残業は社命により労働者に行わせるものであり、労働者の独断で行うものではありません。ですので、「残業しないで帰宅しなさい」ときちんとその労働者に指示することが重要です。
就業規則に関しては同意するしないにかかわらず、「周知」をすれば会社としての義務は果たせます。同意の印鑑までは必要としていません。(印鑑をもらっておけば万全ではありますが)

しかし雇用契約書に同意しないのであれば、雇用契約は成立しないわけですので、会社とその労働者の雇用関係はないことになりますので、その労働者には会社から去っていただくことになります。
「サインをさせる」という強要行為は当然できませんが、雇用契約自体に同意しないというのであればそもそも雇用契約が存在しないわけですので、会社とその労働者の関係は終了です。その点を踏まえたうえで再度その労働者と話し合いをした方がよろしいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。補足しますが、これまでに手当や賞与で他の人より多めに支払っている、と説明し納得を得ようと話し合いを致しました。その者はただ一人内勤者で、現場に出る社員などに指示したり見積もりを作ったりと、ほかに代わる社員がおりません、それをいいことに天狗になっている感じがし、社長も困っている様子で、担当の社会保険労務士さんにも相談したのですが、回答はやはり話し合いとのことでした。今回も話し合いのご回答を頂きましたが、話し合いの決着がつかない状況です。話し合いとしか方法はないのでしょうか。

専門家:  sr_hossy 返答済み 3 年 前.
ご返信、ありがとうございます。

社長さんのご心痛はとても理解できます。しかし「代わりの者を探す」のは企業努力です。このような事を申しては恐縮ですが、「ほかに代わる社員がいない」という状態にして天狗を作ってしまったのは会社とも言えます。
代わりになる方を探す行動も必要でしょう。

該当の労働者とのトラブルは原則として話し合いで解決すべきものです。しかし先に回答させていただいたように、残業とは労働者の独断で行えるものではなく、会社の業務命令で行うものです。
「残業せずに定刻で帰宅しなさい」というのも業務命令です。業務命令に違反する者には制裁を科すというのも企業統治として必要な事です。
社労士が作成した就業規則であれば制裁の項目も定めているものと思います。
業務命令である事、就業規則にも定められている事をその労働者によく説明をして、話し合いをすべきです。

ご相談の元凶は「社命でもない残業を行っている」というその労働者の勝手な行動です。勝手に残業して残業代を請求していることが正当ではない事をきちんと説明をして納得をさせてください。それでも受け入れることなく従来通りの「勝手な残業とそれに伴う残業代請求」を継続してくるようであれば、就業規則に従って業務命令違反で制裁を科すことも視野に入れるべきでしょう。
sr_hossyをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問