JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4408
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

質問させて下さい。

質問者の質問

はじめまして、質問させて下さい。夫とは平成24年から別居中、先日夫宛に 離婚の調停を申込みました。夫には7年程付き合った女性が居ました。夫と女性に慰謝料請求の調停をするつもりでした。しかし女性は去年 自身が結婚して居ました。私が得た情報の住まいにはもう済んでおらず、新居で暮らしているようすです。そうなると夫とも別れている事と思います。 女性の住所は不明ですが、勤務先は分かっています。 このような状況で、慰謝料請求は可能ですか? 女性の住まいの住所が不明で送付出来ない状態なので、職場に直接聞きに行くことを考えましたが、他に何か良い方法があれば教えて下さい。宜しくお願い致します。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、かなり微妙な問題を含んでいる案件だと思います。

まず、慰謝料に関しては、ご存じとは思いますが、その不法行為(ここではご主人様との不貞行為)を知った時から3年以内に請求しないと時効になります。

7年ほど付き合っていたのは、いつお知りになったかです。

平成24年に別居したと言うことですから、その時点で知ったと言うことでしょうか?

勤務先が分かると言うことは、ご主人様と同じ職場と言うことでしょうか。

時効の問題は、クリアできるとして、現在、相手の女性が結婚されていると言うことは

仮に、ご相談者様が、不貞行為の問題を相手方に伝えると

結婚したばかりで、家庭崩壊へつながる可能性もある問題です。

確かに、その女性に、ご相談者様の夫婦関係が崩壊させられたのかもしれませんが

そのことで、相手の家庭も崩壊して良いとは言えません。

もしそうなると、ご相談者様に対しての損害賠償請求もあり得ます。

そう言う意味では、慰謝料請求に関しては微妙な問題と言えます。

基本的に、不貞行為の慰謝料請求は、共同不法行為の不真正連帯債務ですから

2人分をご主人様に請求されても構わないものです。

離婚調停を申立てているのであれば、そう言う請求をされても良いかもしれません。

とは言え、どうしてもその女性が許せないと言うことであれば

慎重に、昨年結婚された相手のご主人様に、そのことが発覚しないように

動かれた方が良いと言えます。

職場が、分かるのであれば、職場に一般的な手紙で「親展」にして相手宛に

出すと良いでしょう。「親展」にしないと、会社の総務などに開けられることも

あるので、ご注意が必要です。

ましてや、内容証明などは問題となるでしょう。

その後の交渉はメールなどになると思います。

とりあえず、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生に手紙文を考えてもらっても

良いでしょう。

行政書士の先生が、比較的お安いです。

頑張って下さい。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中、御回答をありがとうございました。もう少し聞かせて下さい。


 


不貞を知ったのは2007年です。しかし、夫婦で話し合い、家庭の再構築を約束しました。


 


夫婦生活の面で、妊娠時(2005年)にクラミジアを移されており、辛い思いをした事、夫にも治療薬が処方されましたが飲 まなかった為、治っているか分からない ので受け入れるのに、とても嫌でしたが


 


 


 


、 感染が無


 


いかを


 


 


 


 


定期的に病院で検査をましな


 


がら、受け 入れました。


 


再構築とは言え、女性とすぐには縁が切れずにいるのを感じましたが、我慢をして 私が穏やかで有るように勤めれば、家庭にもどってくれると願い2年間過ぎました。三日間私と営んだ翌日には「今夜夕飯」要らない。と深夜に帰宅。


 


それを2年間続けました。


2009年12月31日~2010年1月1日


には女性と年越しをしたことで、私は我慢してきた思いが崩れ、離婚を決意。


 


2011年3月、相手女性の住所等を特定する為、探偵を使い調査しました。


 


 


2012年2月、子供の進学と時期をあわせ、子供を連れて別居をしました。


 


別居生活を維持するために直ぐに離婚手続きを行わなかった為、慰謝料請求が可能であろう期間が迫っています。


 


調査をした2011年が請求の対称になりますか?


離婚手続きを行った先日からが請求期間と考えて良いのですか?


 


相手の女性は、店員で、探偵調査で分かりました。夫の職場とは無関係になります。


 


私が、相手女性の家庭からの損害賠償とは、なぜ発生するのですか?


 


訴えは誰から受けるのですか?女性の夫・から私へ。ということになるのですか?女性の夫から、私と私の夫へ。になるのですか?


 


教えて下さい。


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、いろいろ分かりました。

仮に、ご相談者様が、ご主人様から、慰謝料を取らずにその時点で

許した形になると、法的には「宥恕(ゆうじょ)」と言うことになり

そのことで蒸し返しが出来ないことになります。

ただし、その後も、やはり婚姻を継続し難い重大な事由があれば

慰謝料請求の対象になります。

やはり、不貞行為が許せないなどのケースです。

当然、離婚時点で、不貞行為が原因となっていれば、離婚時から3年以内に慰謝料請求を

すれば良いことになります。

また、離婚裁判になった場合は、時効が中断して時効はもっと伸びます。

ですから、ご主人様に対しては、離婚するまでは、時効の問題はあまり関係ありません。

ただし、愛人に関しては、裁判を起こすなどの時効の中断が無い限り

事実を知った時から3年です。その後も継続していれば

継続していた時点から考えても良いでしょう。

3年の時効が危なければ、とりあえず、内容証明で請求して応じなければ

すぐに、民事調停等を申立てることです。

それと、愛人側からの損害賠償のケースとしては

よくあるのが、名誉棄損罪です。名誉棄損罪は、事実であっても成立して

その事実を公にすることで、相手が社会的信用を棄損されれば成立します。

当然、民事としての損害賠償もございますが

怖いのは、不貞行為と違い、刑事事件にも成り得て、刑事告訴もあると言うことです。

そう言う意味では、慎重な対応が必要であると言うことです。

会社や相手の配偶者に知れてしまえば、社会的信用はがた落ちと言うことです。

ご主人様の愛人から、ご相談者様に対して請求される可能性もあるでしょう。

当然、相手の配偶者が知れば、ご相談者様のご主人様に慰謝料請求もあり得るかも

しれません。

ただ、これらは、すべて可能性だけの話しで、必ずそう言うパターンになると言うことでも

ありません。

とは言え、リスクは避けたいところです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中、この度も、丁寧な御回答をありがとうございました。


 


携帯電話を操作して書き込みをしていますが、上記文面は、乱文で、すき間が飽きすぎていて読みにくかったでね、すみません。


 


もう少し、聞かせて下さい。


 


 


行政書士さんが、文面の中では、相手の家庭を壊す事は避けたい向きで話をして下さっておりますが、 すみません、私はどうしても二人を許せない気持ちです。


 


 


 


相手の女性は、わざわざ私の家庭に 自分の勤め先の店のダイレクトメールを「担当者 ○○」と自分の名前を書いて送って来ました。「私は貴女の家の住所も知っています」という所でしょう。


 


私の思いは、2011年の時点で続いていた 夫との不貞行為に対しての慰謝料請求ということで、二人に責任を取って欲しいと思います。


 


そうなると、相手の女性の夫は、過去に口出しは出来ない。ということが認められないのでしょうか。


 


それから、「慰謝料請求の調停申し立ては、内容証明を送った後」との事ですが、調停申し立ての時に、相手達に送る時に書く「内容の証明」とは異なるものですか?


 


新しい情報として 結婚した相手の女性には赤ちゃんが産まれているらしいのです。


 


この状況で 慰謝料請求した場合、相手の女性の現在の給料は、この家庭の婚姻生活費とみなされ、申立人に支払うお金はありません。と言われる可能性が有りますか?


 


我が家は男の子三人です。


 


子供たちも 父親がいない。という面で寂しい思いをずっとしてきましたし、


 



 


 


あれだけ苦しんだのに、泣き寝入りにしたくない!


 


と思えてなりません。


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

悔しいお気持ちは分かります。

ただ、法的な考え方は、一番悪いのは、有責配偶者にあると言う立場を取ります。

今回は、ご相談者様のご主人様に対して厳しく接する方が妥当かもしれません。

とは言え、悔しいお気持ちはわかりますので、ご相談者様にとってリスクの少ない方法で

対応された方が良いとも言えます。

ご相談者様が権利を主張したいだけなのに、相手に逆切れされるほどつまらないものは

ありません。相手の土俵と言うか、不貞行為をするような女性と対等の立場になるのは

どうでしょうか。

ただ、慎重に対応しても、相手は、夫も子供もいるので、それなりに苦しむとは思います。

慎重にことを大胆に進めてみて下さい。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4408
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中、いつも 穏やかにご返答下さりありがとうございます。


なるほど、そうですね。行動に目をつむっている間は、思い出すこともなく 私も穏やかで居られましたが、いざ、行動を起こす事になったら、思い出して、形を作らなければならない作業をしているうちに、感情まで戻ってしまいました。


私は、同じ土俵に立ちたがる所が有るので、先程の行政書士さんのご返信に ハッとしました。 もう、離婚についての調停は受け付けて頂いたので、今後、日程が送られてくると思います。慰謝料請求については、冷静に考えたいと思います。 ありがとうございました。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

少しでもお役に立てたようで、良かったです。

また、何かございましたら、お気軽にご相談下さい。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問