JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

養育費の減額可否について。 前妻の子供二人に、毎月定額送金しています。 21才(学生のはず)と中学3年生です。

解決済みの質問:

養育費の減額可否について。
前妻の子供二人に、毎月定額送金しています。
21才(学生のはず)と中学3年生です。
平成36年3月まで15万円/月
平成41年3月まで9万円/月 総額3960万円。
養育費と慰謝料を取り決めた公正証書があります。

現在、再婚し二人の子供がいます。
減額は、可能でしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


確認したいのですが、再婚したのは質問者様ですか?
再婚して、質問者様がお子さんと養子縁組して扶養家族が増えたのでしょうか?

詳しい家族構成をお聞かせください。

質問者: 返答済み 3 年 前.

再婚したのは、質問者です。


現在の妻との間に子供が二人います。9歳と4歳です。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

質問者様が今現在の 奥さんとの間にお子さんがいて、扶養する義務があるならば、質問者様の扶養家族が増えたことになりますので、養育費の減額請求が可能になります。

今現在の奥さんとの間の実子であるならば、もちろんのこと、今現在の奥さんの連れ子でも質問者様が養子縁組した場合にも扶養家族が増えたことになります。したがって、養育費の減額請求ができます。


話し合いで決まればいいのですが、相手が素直に納得しない場合は、家庭裁判所に養育費減額の調停を申し立てることになります。お互いの収入により、裁判所が適切な養育費を決めることになりますので、今現在の質問者様の収入が多い場合には少しの減額になってしまうかもしれません。


今現在の質問者様の年収と、元奥さんの年収がわかればだいたいの養育費の額(大まかですが)が分かるのですが。
分かるなら返信してください。
いずれにしても、相手が減額を渋るなら養育費の減額を家庭裁判所に申し立てることになりそうです。
質問者: 返答済み 3 年 前.


収入は、質問者年収750万円税込。前妻は、200万円程度。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
お待たせしました。

だいたいの計算で、月に約9万円程度にまで、減額が可能であると考えられます。
家庭裁判所に調停をしてもこの金額とは大差がなく認められる可能性が高いです。

家庭裁判所に減額調停することをお勧めします。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問