JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

24時間介護により在宅療養(要介護5:障害2級)を妻が受けておりますが、ケアサービス中にベッドから落とされる事故があ

解決済みの質問:

24時間介護により在宅療養(要介護5:障害2級)を妻が受けておりますが、ケアサービス中にベッドから落とされる事故があり、落下過程で擦過傷、打撲がありました。
数日後、異変が生じて脳症の疑いにより入院し、検査の結果異常なしとの事で退院しております。
サービスを提供している事業所からは精神誠意をつくすとの回答がありましたが、入院翌日に事故状況報告書を持参してきただけで、一度も顔を出すことがありませんでした。
1ヶ月ほど報告書の作成に関して、メールでのやりとりはありましたが、途中から2ヶ月ほど放置状態になりました。
ヘルパーを統括するサービス責任者は、こちらの了承なく勝手に入室して来た事が何度かあります。
妻は動く・会話 ・字を書くなどが出来ず、全て自分が代理人として行動しています。
妻の容態に変化があれば仕事を休んで画像と状況報告を訪問看護師、ケアマネ-ジャに連絡しています。
今回の入院開始前から退院及び入院中においても全て自分が対応していましたが、自分に対する気配りの言葉すらなく、あげくに退院当日に事故の謝罪文言が無いまま補償についてメールが来ました。

質問に対する回答が遅いか無い、話をしようにも先方が来ようとしない、事故状況報告書の内容が変動する、補償に対して文書のみで終わらせ様としている、今回の事故に関して何もしていない・・等々の不満が爆発し、自分でどうにか出来る範囲を超えたものと判断し、第三者を介入させるつもりである事を告知したら、報復とも思えるサービス中止の意向を伝えて来ました。

新しいサービス会社を探す苦労、決まった後のサービス全般のスムーズな移行においても数日会社を休んで対応する必要があります。

これらを含めて請求できる物は全て請求したいと思うのですが、請求出来る範囲や料金が分からない状況です。

ここ半月の間、サービス事業所とやりとるするだけでメンタル部分に影響も出ています。

この様なケースを相談したり、解決に向けて依頼するにも得意・不得意の分野がある様で、どこに相談したら良いか分からず途方に暮れています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、いろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、在宅療養中に事故があり、病院に入院されていたということですね。

サービス事業所としては、当然、安全配慮義務がありますので

義務違反と言うことで損害賠償請求が可能です。

確かに、その後の対応が誠実では無いようですが、お金で解決できればと言う姿勢でしょう。

サービス事業所等は、保険に入っているのが普通ですから、お金を払う分には

痛くもかゆくも無いのかもしれません。

それ以外にも、クレームが多いと、勝手にクレーマーと判断して

サービスの中止などを一方的に言ってくるのでしょう。

ご相談者様が、難しいとお考えであれば、弁護士の先生に代理交渉をお願いする方向だと

思います。

個人だとやはり業者になめられてしまうものです。

今回のような事故の場合は、交通事故の損害賠償を準用するような形になると思います。

また、ご相談者様がお仕事等をお持ちで、介護をするのは大変ですから、施設や業者との交渉は

成年後見制度をご利用されて、司法書士の先生等の専門職後見人にご依頼した方が

ご相談者様も精神的に楽になるでしょう。

施設等のやり取りは、成年後見人がすべてしてくれます。

ご相談者様は、身上監護だけに専念すれば良いことになります。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.


回答ありがとうございます。


 


自分自身も人身事故の様な扱いになるのでは?という考えもありました。


 


サービス事業所として怪我した本人が治療を受けて、その医療費を請求して貰えれば保険会社に申請します。ってな感じで、第三者的に考えている風に感じとっています。


 


今回、健康保険を使いましたが、事故が無かったら健保も支払う必要がありませんでしたし、障害者に対する自己負担分を区・都が支払う必要もありませんでした。


 


入院中の妻は自宅療養中の時みたいに随時ケアを受ける事が出来ず、3日間も同じ服を着たままだったり、痰が溜まって苦しくても都度吸引してくれる訳でもなく、また好きなテレビも自由に見られず、自分が見ても気の毒に思えるほどでした。


 


今回の関係悪化により、業者の名前を見るだけで心拍が上がり、嘔吐やフラフラ感、胃痛を覚える様になりました。


 


現状、弁護士に依頼する方向で検討しているのですが、受けて下さる弁護士が見つからず困っている次第です。


 


数件、電話して聞いてみましたが、いづれも介護の言葉を言っただけで経験不足等を理由に断られております。


 


どなたか紹介頂けたら幸いに思います。


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的には、弁護士の先生にご依頼することになると思いますが

残念ながら、このサイトでは、個別に専門家の先生のご紹介やご依頼が

できないことになっていますのでご了承ください。

 法テラスか東京都の弁護士会にご紹介いただく手もございます。

また、最近では、医療事故等の業務を扱おうとしている大手の弁護士事務所も

出てきているので、なるべく大きな事務所にご相談されてみてはどうでしょうか。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問