JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

今年の1/5AM2:30頃、従業員が泥酔の末見ず知らずのマンションの一室に侵入し住人により通報され拘束されました。

質問者の質問

今年の1/5AM2:30頃、従業員が泥酔の末見ず知らずのマンションの一室に侵入し住人により通報され拘束されました。
1/6AM9:00すぎ検察庁にて調書がとられ後警察署にて現在拘留中です。
本人はまったく記憶がなくとにかく睡眠がしたかったと申しております。
現時点では起訴になるのか不起訴になるのかも不明です、ちなみに弁護士さんに相談はしておりません。
一刻も早く出所させてあげたいのですが、どのような方法があるのでしょうかご教授ねがいます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

その従業員ですが、前科があるかどうかわかりますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

前科はありません

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
わかりました。

状況からして、重大な結果になる可能性は低いと考えられます。

早く出られるようにするための方策ですが、
釈放後の雇用を約束することがいちばん効果的でしょう。

あとは、被害者との示談を質問者様が協力していくことを伝えてください。

弁護士でないと代わりに動くのが難しいです。
質問者様が直接担当検事(警察に聞けば教えてもらえます。)に連絡しても良いのですが、弁護士以外だとうまくいきにくいのは確かです。
ですから、どうしても1日を争うくらい急いでいるのであれば、弁護士に依頼した方がいいです。
ただ、案件として、長期間の身柄拘束になる可能性は低く(被害者が激怒、取り調べの態度が悪い、などあると別です。)、このままもう少し待つのも1つの手だと思います。

法律 についての関連する質問