JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

初めまして男性39歳です。結婚17年です。現在妻39歳・子供16歳・8歳・8歳の三人男の子です。性格の不一致

解決済みの質問:

初めまして男性39歳です。結婚17年です。 現在妻39歳・子供16歳・8歳・8歳の三人男の子です。 性格の不一致等から昨年10月に私から離婚の話を切り出しました。それまでは15年間朝食は作りませんでした、その話が出てから朝食を作っています。しかしながら帰宅しても、携帯のゲームが優先でなかなか夕飯が出ない日もありました。 直すと言われましたがかたくなに離婚の話をしたら、包丁を持ち出して初めは私が死ぬといい子供たちは怖くて号泣でした、それからもう一回このようなことがあり、つい最近は私を殺して自分も死ぬと言っ てきました。 子供がほしいのであれば養育費も払うつもりです。年収は今年780万円です。自分で会社を経営していますが、養育費として月額14万~16万くらい払うつもりです。 財産としては貯金は妻が浪費家の為250万くらいです。 自宅はありますが土地は親のもので建物が私名義固定資産価額は1000万程度で住宅ローンの残債が2000万円ほどあります。まだ18年ほどあります。これでも財産分与はあるのでしょうか。 私の親と同居です。 離婚はできるのでしょうか。期間はどのくらいでしょうか。 分かるようでしたらお願いします。依頼も含めてお願いします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

>依頼も含めてお願いします。
→まず、このサイトは直接依頼を受けることはできませんので、質問に回答することしかできません。その点を了承していただきご利用下さい。


>財産としては貯金は妻が浪費家の為250万くらいです。 自宅はありますが土地は親のもので建物が私名義固定資産価額は1000万程度で住宅ローンの残債が2000万円ほどあります。まだ18年ほどあります。これでも財産分与はあるのでしょうか。
→住宅ローンが資産価値を上回る場合を「オーバーローン」と言いますが、不動産がオーバーローンの状態にある場合は財産分与の対象に はなりません。
離婚した場合の財産分与の対象は「現金、預金」ということになるでしょう。

>離婚はできるのでしょうか。
→離婚はお互いの協議により離婚することができます。つまりお互いが合意して初めて離婚することができます。
相手が拒否しているならば、家庭裁判所に「調停」を申立て、それでも決着が着かないなら「裁判」による離婚となります。
裁判による離婚は民法に定められた離婚原因がなければなりません。単に性格が合わないから、という理由では裁判で離婚は認められません。
しかし、包丁を振り回したり、「相手を殺して自分も死ぬ」というようなことを言われていれば、離婚原因の一つの「婚姻を継続しがたい重大な理由」にあたるとも考えられます。
ただ、相手が離婚を拒否しているなら、結局は裁判での離婚を求めていくということになりますから、道のりは長いことを覚悟しなければなりません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

別の弁護士には包丁の件でいけると言われましたが、道のりはかなり長いのでしょうか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
包丁の件でいけるとしても、相手が離婚に合意しなければ裁判は長引くことがあります。だいたい半年〜1年くらいは覚悟しなければならないでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

もしも、裁判になった場合半年~1年でどのくらいの費用になるのでしょうか。


 


養育費は上記金額で大丈夫なのでしょうか。


 


それとも親権は包丁の件もあるので主張してとれるのでしょうか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
裁判となれば弁護士費用が必要になりますが、弁護士の費用はそれぞれ依頼する弁護士により異なりますので、正確な費用は回答できません。ただ、だいたい着手金20万円から、成功報酬が20万円が最低ライン必要になるでしょう。依頼する時は費用の面もきちんと確認してから依頼することをお勧めします。

養育費はお互いの協議により定められる ものです。話し合いにより決まらなければ家庭裁判所の作成した「養育費算定表」により定められることになります。調停や裁判になればこの表を基に養育費が定められます。もし、相手の収入がゼロ円でお子さん三人の親権が相手になった場合は、14万円〜16万円です。したがって、上記の金額で大丈夫です。問題ありません。

親権はお子さんの福祉が優先して定められます。経済環境や精神面での安定性が考慮されます。また10歳前後のお子さんの場合は、お子さん自身の意思も考慮されることになります。
相手の精神面が不安定な場合は親権を適切に行使することができないとみなされるでしょうから、包丁を振り回し、自殺をほのめかすような人に親権者を任せられないと裁判所が判断し、質問者様が親権者となれる可能性は十分にあります。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
まだ不明な点がありましたか?
不明な点がありましたら、返信をお願いします。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問