JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

mori-homeに今すぐ質問する

mori-home
mori-home, 行政書士・個人情報保護士・成年後見人・申請取次行政書士・著作権相談員
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 48
経験:  駒澤大学法学部法律学科東京大学 市民成年後見養成講座 在籍行政書士成年後見人
76122091
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mori-homeがオンラインで質問受付中

若い世間を知らなく、しかしエリートコースを進む若者を食い物にし、 現金や物を貢がせている女について。 これを法的

質問者の質問

若い世間を知らなく、しかしエリートコースを進む若者を食い物にし、
現金や物を貢がせている女について。
これを法的にどうにかできないものでしょうか。

なお、私はこの女から金品の詐欺は受けていませんが、
婚約を一方的に破棄されました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mori-home 返答済み 3 年 前.

私は埼玉県で行政書士をしている者です。

 

専門は民事法務を中止に行っております。

 

さて、新たな一年を迎えて心身ともにすっきりとした気持ちで過ごしたいものですが、なかなか難しいものですね。

 

私もそうなんです。早速風邪を引きました。

 

早速本題に入りましょう。

 

法的に責任を追及するためには、主に三つの場合が考えられます。

 

民事罰、刑事罰、行政罰です。

 

上記のうち行政罰は今回は少し関係がないようです。

 

まず、民事罰についてですが、民事罰のは主に損害賠償請求権を中心に構成されていて、新たな救済方法として、名誉毀損等の行為があった場合に、その名誉を開府いくさせるための広告を掲載することを命ずる、方法が採用されています。原則は金銭による救済、例外はそういった名誉回復のための広告の掲載による救済と捉えて良いでしょう。

 

そして、民事罰を追及するためには、訴える側に当事者適格等と呼ばれる、訴訟を起こすだけの資格があるかが問われます。

 

以上の事を踏まえると、今回の場合は、ご質問者様が婚約を一方的に破棄されたという事実と、その相手方の女性の行為との因果関係が立証できれば損害賠償請求をすることができます。

 

刑事罰については、極端な事を申し上げれば、ほとんどの場合に救済されるように、穴のないようにできているのが、刑事罰を問うための法律の構成ですので、責任を問おうと思えば問えるのが実際のところです。

 

しかし、これは警察と検察がどう判断するかにかかるものです。

 

例えば、今回の場合に、少し前にカモにされた男性が、昨年11月末に自殺をしてしまったというお話がありましたが、このときに、もし、その相手方の女性と亡くなった男性との間に会話があった物としましょう。

 

次の通りです。

 

「俺、もう疲れたから自殺しようと思うんだけど、どう思う。」と男性が言ったとして、女性が「うん、いいと思うよ。そのための方法を提供するよ。」とした場合を想定してみて下さい。

 

この場合には、刑法202条又は203条の自殺ほう助又は自殺ほう助未遂罪が成立する余地があります。

 

刑事罰では、構成要件該当性、違法性、有責性、加罰性という条件をみたさなくてはなりません。

 

いずれを欠いても罰せられません。

 

構成要件該当性は、法律の条文にあてはまるか。

 

違法性は、その行為を違法と断ずることができるか。

 

有責性は、責任能力があるかどうか。

 

加罰性は、その行為が罰するに値するかどうかです。

 

このように、刑事罰を科すためには、それなりのハードルがあることを認識したうえで行動する必要があります。

 

ただ、私は正義は常に勝つものと信じております。

 

ご質問者様に正義があるのであれば、ご質問者様は救済を得られるはずです。

 

法は正しい行いをするものの味方です。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


 


現在も数名の男性がカモとして存在しており、私は彼らの名前と職場を存じています。


 


彼らに真実を伝え、彼女の手口と本性に気づかせ、また、彼女の親族や友達等にも


同様に伝え同時多方面から、彼女にプレッシャーを与えることは罪になりますか?


(彼女の親族のなかではまだ私は婚約者として認識されており、親族を安心させるためのダシに私は利用されました。)

専門家:  mori-home 返答済み 3 年 前.

そんなに沢山の方が騙されているわけですね。

 

そんな状況に巻き込まれてしまったご質問者様もご心労極まりないことと思います。

 

あまり無視をしないでくださいね。

 

さて、彼女のことを関係者に伝える方法ですが、これは少し難しい問題も同様に持っていることに注意が必要です。

 

極力自分に降りかかるリスクは避ける方向で行動されるのが安全です。

 

被害にあわれている方と直接に、客観的に、主観が入らないように、話すのが良いかと思います。

 

気付かせてあげることが目的なので、形には残らないような方法が良いと思います。

 

手紙やメールは避けた方がいいかもしれません。

 

それと、個人的に伝えることが大切です。

 

沢山の人がいる前ではダメです。

 

なかなか、相手方の女性は物事を「上手く」やっていくタイプなようなので、ご質問者様が行動する際にも、注意が必要です。

 

名誉棄損罪では公然と事実を摘示するだけでも、罪に問われることもありますし、侮辱罪では、公然と人を侮辱したものは罪に問われることになっております。

 

名誉棄損罪の罪質は、公然人の社会的地位を貶(へん)するにありるべき具体的事実を摘示して名誉低下の状態を発生させることで既遂に達するから、右の事実を記載した新聞紙を配布すれば既遂にであり、被害者が社会的地位を傷つけられた事実までは必要としない(大判昭13.2.28)と判事しており、かなり広範に解釈されうることを示しています。

 

このように法は、日本の成文法主義のような国家においては、無缺欠性(完ぺきであること)が前提にあって、どのような場合でも、法で全て解決できるようになっているというのが建前です。

 

そのなかで、色んな例外があり、これに該当する場合には罰しないとするものです。

 

刑法犯の場合には、その罰の性質が、誤って判断した場合には、大変な、人の財産侵害をしてしまう可能性があるので、慎重に立証ををしながら適用されます。

 

上述の名誉棄損罪の要件を述べましたが、その適用の例外として、公共の利害に関する場合の特例規定が置かれており、公共の利害に関する事実にかかり、かつ、その目的がもっぱら公益を図ることにああったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しないとしています。

 

もし、どうしてもとおっしゃるのであれば、警察に方法について相談しておくのも良いかもしれません。警察は検察の調査に協力する機関です。ほとんどの場合は警察レベルで判断し、事件は処理されます。

 

警察を味方につけておくほど強いものはないのは事実です。

mori-home, 行政書士・個人情報保護士・成年後見人・申請取次行政書士・著作権相談員
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 48
経験: 駒澤大学法学部法律学科東京大学 市民成年後見養成講座 在籍行政書士成年後見人
mori-homeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


しかしやはり金品の搾取がなかった以上、詐欺としての立件(?)は難しいのでしょうか。


警察には話をしてみます。


元カモが自殺をしたさいに彼女の手口を知らなかったので事実とはまったく異なる、彼女を擁護する証言してしまったので、それをまず訂正をして、自殺した彼の借金について当たってもらうことにします。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況だと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

前の専門家の先生が、どういう理由か分かりませんが、回答をオプトアウトされて

いますので、引き続きこちらでご回答ができればと思います。

回答内容が、重複するかもしれませんがご了承ください。

お話から、どうやらその女性は、若いあまり世間を知らない男性に対して

結婚をちらつかせて金銭を巻き上げたようですから、当然、結婚詐欺が成立する可能性は

あります。

ただ、日本の場合は、詐欺の立証が難しく、最初から騙す意思がないといけません。

当然、結婚詐欺の場合は、最初は結婚する気があったが、途中からする気が無くなったと

言われれば、騙した証拠がなければ罪に問えません。

相手も結婚詐欺をするぐらいですから、その点のことは十分承知しているはずで

証拠がないものと思えます。

また、それなりに魅力的な女性なのでしょうから、訴えるにしても手心が加えられそうです。

ただし、同じような被害者が複数いるのであれば、問題と言えるでしょう。

警察に被害届を出すのは良いですが、それでは逮捕されるだけで、被害に遭った金銭は

戻りませんし、今回のケースでは、ご相談者様も、一方的な婚約破棄と言うことでの

慰謝料請求が可能と思います。

まずは、民事で不法行為による慰謝料請求をされてみるべきです。

その場合、相手方の住所等がわかれば、内容証明で、慰謝料請求をしてみることです。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

相手に、本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


群馬県の高崎・前橋で民事に強い弁護士を紹介していただけたらありがたいのですが……。


警察に行く前に弁護士のほうが良いでしょうか?


それと、弁護士に相談する前に変にアクションをしないほうが良いのでしょうか?(彼女宅には自殺した元カモの書いた結婚届けがありました、証拠隠滅等されそうなので)

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

誠に申し訳ございませんが、このサイトでは、個別に専門家をご紹介したり

ご依頼を受けることが出来ないことになっておりますのでご了承下さい。

法テラスか群馬県弁護士会にご相談されてみて下さい。

ただ、弁護士の先生だと、成功報酬の問題もあるので、あまりお金にならない案件は受けないことが多いので

ご相談者様ご自身で対応されても良いかもしれません。本人訴訟もよくあります。

まずは、弁護士の先生の初回相談など受けて、反応を見てからが良いでしょう。

警察には、被害届を出すのもありです。被害届は刑事告訴とは違いますから

簡単に受け付けてくれます。

確かに、証拠は確保しておいた方が良いでしょうが、もう処分しているかもそれません。

証拠になりそうなものは、今のうちに集めておくと良いでしょう。

内容証明は、民事法務専門の行政書士の先生にご依頼すると比較的お安いです。

また、140万円以下の訴訟なら司法書士の先生でも良いでしょう。

頑張って下さい。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    1629
    東京司法書士会所属
 
 
 

法律 についての関連する質問