JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

職場でリストラストーカーのような者が出てしまい、いやがらせ電話などが相次いだため、退職後にその人の前職調査を独断でし

解決済みの質問:

職場でリストラストーカーのような者が出てしまい、いやがらせ電話などが相次いだため、退職後にその人の前職調査を独断でしていまいました。昨日、上司と私とでその方に謝罪したところ、今後、一切
その人のことを調査したりしない、と一筆書いてくれ、と要求されました。法律家の方をはさんだ、きちんとした書式にしておきたいのですがどうすればいいですか。ちなみに会社側は顧問弁護士をだす気はありません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
話し合いそのものはついていて、きちんと納得の行く書類の作成を
ご希望ということですね。

弁護士や行政書士等にご相談いただければ、書類の作成だけの
ご依頼もお引き受け可能です。
書類に書いておきたいと思われている内容や、書いたほうがいいのか
迷っている事項などを、箇条書きでいいですからメモ をして、
依頼されるとよいでしょう。

但し、弁護士さんの場合はどの方でも基本的に対応可能ですが、
行政書士の場合個人によって対応できる分野に差があり、
必ずしもご希望通りの依頼をお受けできない場合もあります。
必須条件ということではありませんが、職場でのトラブルということ
ですから、行政書士と社会保険労務士の両方の資格を持っている
事務所を探されるとよいでしょう。

また、弁護士さんは非対面での依頼を受ける事務所は少ないのですが、
行政書士ですとメールでのやりとりと電話を併用しての依頼にも
対応している事務所も多くありますので、わざわざ事務所まで出かける
のは大変だとお考えでしたら、WEBを検索して事務所を探されると
よいでしょう。
費用は各事務所で決めるものですので一概にはいえませんが、行政書士
の場合で2~5万円程度、弁護士で5万円~程度が想定されます。

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

解答ありがとうございます。会社の顧問弁護士が出る必要はないんですね。

法律 についての関連する質問