JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4629
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

長崎の阿比留藏一と申します。物件状況確認書(告知書)について、私が売主です。9月に買主が決まり、11月1日に2700

解決済みの質問:

長崎の阿比留藏一と申します。物件状況確認書(告知書)について、私が売主です。9月に買主が決まり、11月1日に2 700万円で売買契約が終わり登記も終わりました。その後、買主が壁の塗り替え等をしている時に、天井から白蟻の痕跡が見つかり、1000万円の損害賠償を出されました。シロアリ業者や一級建築士を立てて調査をしてとのこと。売買契約ではよかったのでしょうが、告知書の方に白蟻の項目でなしにしておりました。口頭では仲買業者が説明していたのですが、告知書が瑕疵であるとのこと。確かに、よく読まずチエックしたのがよくなかったのでしょう。5年前白蟻が上がり被害はなかったのですが、予防工事や消毒をしました。そして、業者から契約の時いないとの証明もつけました。しかし、いたことが書いてないとのことです。確かに調べた結果は跡がありほとんど被害がありません。その瑕疵責任にどのくらいの損害賠償額があるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、確かに、告知書できちんと確認しなかったことは問題だと思いますが

仲介業者が口頭でも説明をしてあったことを蒸し返すのもどうかと思います。

ただ、シロアリの痕跡の状態がどうかが不明ですが

シロアリの場合は、不法行為責任か瑕疵担保責任かの二つのケースが考えられます。

シロアリの件を知っていながら伝えていなければ、不法行為となり損害賠償請求が

認められます。

また、シロアリは、瑕疵担保責任が認められる重要な部分ですから

買主は、契約の解除と損害賠償請求ができます。

今回のように壁の塗り替えなどのリフォームが始まると契約の解除は難しいので

損害賠償のみ認められます。

損害賠償は、シロアリの部分だけの場合もあれば、用心のために、柱をすべて

取り替える場合もございます。

判例でも、損害賠償700万円程度を認められたものもあります。

ただ、ここは、工務店等の見積もりでの話し合いでしょう。

気になるのは、口頭で伝えてある部分もあるようですから、知っていて購入したと

いうことで、損害金を少なくしてもらうことです。

仮に、その不動産が周辺価格よりも低額であれば、低額なりの理由を理解していた

はずだと解釈もできます。

話が、もめるようで、あれば、裁判所の民事調停をご利用されると良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問