JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4690
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

上司とケンカをして殺すと発言、処分されそうになっている。

質問者の質問

上司とケンカをして殺すと発言、処分されそうになっている。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、上司からのパワハラなどが有ったようですので、情状酌量の余地はあると思いますが

そう言う上司に限ってことを大げさにしがちです。

確かに、殺すなどと言えば、脅迫罪もあり得ます。

仮に、刑事事件として発展すれば、今回は無いと思いますが、刑事告訴され

有罪となれば、会社を辞めさせられる可能性はあります。

そうならないためには、その上司との和解や示談が必要かもしれません。

あるいは、あくまで相手の上司にもともとの非があると言うのであれば

そのことで争うことも大切かもしれません。

本来であれば、パワハラやセクハラを訴える部門や担当を企業は設けないといけません。

そう言う部署に訴える手もありますが、無ければ、他の上司や人事部や総務部に

そのことをご相談するべきです。

また、その証拠として、ご相談者様が精神的に追い込まれていたとするために

心療内科等で、診断してもらうのも有効です。

更に、労働基準監督署にもご相談をされておいても良いでしょう。

その上司の嫌がらせの証拠やその事実の日記などの記録も作っておくと良いでしょう。

そうすれば、和解もスムーズに行くかもしれません。

場合によっては、弁護士の先生に代理交渉をご依頼しても良いでしょう。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問