JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mori-homeに今すぐ質問する
mori-home
mori-home, 行政書士・個人情報保護士・成年後見人・申請取次行政書士・著作権相談員
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 48
経験:  駒澤大学法学部法律学科東京大学 市民成年後見養成講座 在籍行政書士成年後見人
76122091
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mori-homeがオンラインで質問受付中

ヤフーオークションでクルマのパーツを落札し、商品代を指定銀行に振り込んだところ、ヤフーIDが停止状態になり連絡が着か

質問者の質問

ヤフーオークションでクルマのパーツを落札し、商品代を指定銀行に振り込んだところ、ヤフーIDが停止状態になり連絡が着かなくなってしまいました。なんとか振り込んだお金を取り返したいのですが、どうしたらよいでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mori-home 返答済み 3 年 前.

私は埼玉県で行政書士の仕事をさせていただいております者です。

 

専門は民事専門ですので、紛争性の無い、こう言った問題に対するアドバイスもできると思います。

 

ヤフーオークションは便利なものですよね。

 

私もヤフーオークションンはときどき利用しております。

 

ただ、今回のご質問者様のように、消費者トラブルが発生することがあるのも否定できませんね。

 

日本の民法は意思主義をとっており、契約の締結は原則意思の合致があった場合に成立するというのが原則です。

 

ヤフーオークションでもそうだった気がします。

 

なお、民法の規定はほとんどが任意規定(別の定めをした場合はそちらの別段の定めが優先します。)であります。

 

この場合、契約の類型は停止条件付きの売買契約になると思います。

 

オークションの入札金額が、他の入札者よりも高くなるという条件を満たすことによって、これまで停止していた法律行為の効果が発動するというものです。

 

何にしろ、既に意思の合致があったとのことで、売買契約は成立している者と思われます。

 

次に売買契約の要件を見てみましょう。

 

民法555条は「①財産権を移転すること約して②それに対して代金を支払うことを約することによって 成立します。」

 

その効果は、買主は商品の商品を得、売主は商品代金を得ます。

 

反面、買主は、代価を支払う義務を得、売主は商品の財産権移転義務を負います。

 

この点、今回の契約は、期限のさだめのないものとして話を進めさせていただきます。

 

ご質問者様は以下のいずれをご希望ですか?

 

①どうしてもその商品が欲しい

 

②契約を解除して、お金を返してほしい

 

③相手方を刑法犯にしたい

 

①については

 

ご質問者様は、既に商品代金を支払っているので、買主としての債務は履行したことになり、あとは相手方のアクションを待つだけですが、どうしてもその商品を手に入れたいのであば、相手方との契約を取り消し又は解除したうえで、金銭を手元に戻し、それを使って、より信用のできるところで購入するのが良いでしょう。

 

②について

 

契約を解除(取り消しと解除は別の概念です)して、お金を取り戻し、かつ、損害賠償請求ができる場合もあります。

 

民法では、一般的に取消や解除のできるケースを制限しています。

 

先に取消について述べますが、取消が認めら得るケースとし、意思表示をしたものが未成年者などの制限行為能力者であった場合などです。

 

さらに、相手方が詐欺又は脅迫した場合も同様に取消ができます。

 

この取消の効果は、遡及(契約当時に遡る)するのが原則ですが、制限行為能力を原因として取り消した場合は、現存利益においてのみ、返還義務をおいます。

 

次に解除のできるケースですが、相手方の債務不履行(履行不能・不完全履行)があった場合にも、法定解除できます。もちろん、両者の合意があれば、合意解除も可能です。

 

今回の場合は、不完全履行を理由に解除する場合を想定しましょう。

 

不完全履行による解除の要件は、期限の定めがない場合には、相当の期間をさだめて解除する旨を伝えておく必要があります。その際、相手方が同時履行の抗弁権(「あなたも契約を履行してなくて、債務不履行じゃないか!」といった反論の事です。)を主張できないように、こちら側は契約で定められた通りの債務の履行をする必要があります。

そうすれば、相手方の同時履行の抗弁権は切断され、こちらの主張ができるようになります。今回のケースではご質問者様は既に金銭を支払っているので、債務を履行したことになりますので問題ありません。

解除がされると、第三者の権利を害することはできませんが、初めから契約がなかっとことになり、民法703条により、不当利得の返還請求ができます。

不当利得の返還請求とは、法律上の理由なくして、他人の権利を侵害している者にたいして行う者です。契約が初めからなかった以上は、相手方はお金をもらう根拠もどこにもありませんよね。

 

③について

 

刑事罰の取り扱いについては警察に直接伺うほうがいいかもしれません。

私の同僚に警視庁捜査二課の警視だったものがおりますが、そのような実務を取り扱うのは、警察と検察官です。

 

以上が抽象的な法律の説明ですが、具体性がないですね。

 

実をいうと、情報を開示するかどうかについては、銀行やヤフーも慎重になってます。

 

銀行口座に振り込んだということは、相手の銀行口座情報を持っているわけですよね。

 

取りあえず、ご質問者様が債権者であることを立証して、銀行に対して、情報を開示してもらう方法があります。ヤフーでもそうです。

 

それと、誤って送金をしてしまったときに使う、組戻しという制度があります。

この組戻しをりようすれば、誤って送金してしまったということで、お金が返ってくることがあります。もし、ご自身の銀行がこれに応じてくれなくても、少し粘ってみてください。

組戻しもあるかもしれません。

 

 

 

 

以上です。

 

もし、私の回答が評価に値するものであると考えて下さるのであれば、報酬付与のボタンをポチっとして下さい。

 

 

 

mori-homeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
回答ありがとうございます、希望は②契約を解除して、お金を返してほしいです。金額が25万と大きいので何とかなるでしょうか。
専門家:  mori-home 返答済み 3 年 前.

相手方は全く契約を履行しておらず、ご質問者様は金銭債務をすでに履行していることから、お金を返していただきたいとお考えになるご質問者さまに対しては、もし、私がご質問者様の立場であったら、私も同様の思いを抱きます。

 

同じオークションの利用者として、決して他人事ではないと感じております。

 

ご質問者様のご希望は契約を解除して、債務の履行として提供した金銭を返してほしいということですね。

 

民法では、解除できる場合を限定的に規律しております。

 

一番簡単な方法が合意解除というものです。

 

合意解除は、契約当事者の意思の合致によって成立するもので、相手方がこの合意解除の申し入れに対して同意をしてくれれば、合意解除が成立し、その効果として、当該法律行為は、はじめからなかったことになり、無効となり、民法703条の不当利得により、相手方は金銭の返還をする義務を負うことになります。

 

次に、解除する場合として、法定解除にいかんしては、債務不履行による損害賠償請求をすることが良いのではないでしょうか。

 

具体的には、履行遅滞などによる解除となり、要件は以下の通りです。これらの条件を満たせば法定解除することができます。

 

履行遅滞などによる解除は、①当事者の一方がその債務を履行しない場合において②相手方が相当の期間を定めて③その履行の催告を行い④その期間内に履行がないときは

 契約の解除ができると民法541条は定めております。

 

具体的に検討していくと以下の通りです。

 

①について

 

債務を履行しない場合として、売主が目的不動産を第三者んび賃貸した場合は、買主にそれを売り渡す意思のないことが明確であるから、買主は代金を提供せず契約を解除できる(最判昭41.3.229としています。

 

この判例から、売主である相手方がヤフーIDを解除して、身元が分からなくさせる行為は、売り渡す意思のないことが明確である場合に該当する可能性があります。

 

売る意思があるのであれば、連ら期先を確保するのが当然でしょう。

 

②・③について

 

催告については、期限の定めのない債務については、債権者は債務者に一回催告すれば債務者を地帯に陥れることができるとともに、催告もかねる(大判大6.6.27】とされています。

 

また、催告の必要性に関して、催告は一回すれば足りるとしています。

 

相当の期間を定めることについては、たとえ相当の期間を定めずに催告をした場合でも、催告の時と解除の時との間に相当の期間が経過していればよいとしています。

 

とりあえず、相手方に対して、連絡を試みて、催告をしてみてください。

 

④について

 

この履行のないことをそのまま指します。

 

以上の要件を満たせば法定解除をすることができます。

 

ただし、相手方の身元がわからないので、以前にもお話しした、組戻しを銀行に要請しましょう。銀行が認めてくれればお金は戻ってきます。

 

そのほかの手段として、相手方の口座が分かっているのであれば、その相手方の銀行に、債権者であることを示しながら情報を開示するように要求する方法と、ヤフーに対して、当該アカウントを有していたものの情報を開示するように請求しましょう。

 

なかなか難しい問題ではありますが、気を落とさずに、強い心で臨んでください。

 

応援しております。

 

 

法律 についての関連する質問