JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4906
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ご相談させてください。今年、42歳になる妻が妊娠しました。妻は職場から「仕事量は減らさない産休ぎりぎりまで働け」とい

解決済みの質問:

ご相談させてください。今年、42歳になる妻が妊娠しました。妻は職場から「仕事量は減らさない産休ぎりぎりまで働け」といわれ、処理能力を超える仕事量を残業をしつつこなし、毎日疲れて帰宅してたのですがその妻が妊娠17週で流産してしまいました。その後3週間ほど休んでなんとか気持ちも落ち着いてきたので職場復帰しようとしています。ですが私はどうしても会社が許せません。もし会社を訴えたとしたら勝てるものでしょうか。教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、流産に対して会社側から労災認定はされていないと言うことですね。

流産の場合は、過労との因果関係を証明することが難しく、なかなか認められないとも

言われています。

ただ、介護福祉職は、概ね人手不足でサービス残業等が多く、労働基準法違反な

場所が多いのは、周知の事実ですので、

とりあえず、労働基準監督署にご相談されてみてはどうでしょうか?

妊産婦に関しては安全配慮義務がありますので

その違反での、民事の損害賠償請求もあり得ます。

また、個別労働紛争として特定社会保険労務士の先生にちゅうさいをお願いする手も

ございます。

会社を辞める覚悟でされるなら、構わないと思いますが、介護の世界は狭いので

独立したケアマネジャーとしてされるなら問題は無いと思いますが

福祉事務所等の再就職等で不利になる可能性はあります。

とりあえず、会社と交渉して応じなければ、裁判所の労働審判を申立てると良いでしょう。

その場合は、弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問