JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4696
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

妻子ある方とお付き合いをしていました。12月14日朝早くに相手の妻が突然自宅にきました。私に対して私が一方的に悪いと

質問者の質問

妻子ある方とお付き合いをしていました。12月14日朝早くに相手の妻が突然自宅にきました。私に対して私が一方的に悪いと言い、謝罪と誓約書を出してきて私に対しての慰謝料を請求してきました。証拠写真も揃っている と言われました。
 また、責任を取って会社を退職するか、配置転換をするよう言われました。私がしたことは悪いことだと反省をしています。ただ、一方的だったので相手の話を聞いてからではないと応じられないと言ったところ相手には会わせないと言われ、納得いかずその日はお引取り頂きました。また日曜日にくると言って帰りました。
向こうの家庭では一切この話はされておらず、口止めをされているようです。
 こういった場合どのような対応をしたらいいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話からだけでは、案件の背景がよくわからないので何とも言えない部分もございますが

不貞行為が実際に有った場合は、当然、愛人の男性の奥様から

ご相談者様に対して慰謝料や謝罪文の請求はできますし

家に訪ねてくる程度は、少し強引な部分があっても

警察は、民事不介入でほとんど動かないので、解決に向けての協議が必要でしょう。

ただし、不貞行為は不法行為であっても、あくまで民事ですから刑事事件ではないので

慰謝料の請求しかできません。

お話からは、多分、会社の同僚的な話での不倫でしょうから

会社を辞めろとか無茶苦茶な要求をしているのでしょう。

それは、いくら不倫をされて相手の奥様が怒りが収まらなくても要求はできません。

そこをしつこくするなら、脅迫罪や強要罪として刑事告訴も可能です。

そう言う意味では、事務的に弁護士の先生などの専門家に代理交渉をご依頼しても

良いでしょう。ただ、報酬費用は、弁護士の先生は高額になります。

とりあえず、書面で要求するよう伝えましょう。

慰謝料等の条件が整ったら、公正証書で示談書を作成するとトラブル防止ができます。

それと、相手のご夫婦様の夫婦関係が破綻していれば慰謝料請求はできません。

とは言え、ご夫婦様が、別居でもしてないとその主張は難しいと言えます。

もちろん、不貞行為は、共同不法行為なので、相手のご主人様にも慰謝料は請求できる訳で

まずはご主人様に請求するのが筋だと主張されてみても良いでしょうが

その場合は、間に第三者が入らないと、相手に通じないかもしれません。

個人で、おしかけてきたとなると、専門家に先方は相談してない可能性があります。

ご相談者様が、弁護士の先生を立てると言えば、かなり譲歩はしてくるでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。話が大まかになってしまい申し訳ありません。


上手く伝えられないぐらい動揺してしまっています。


少しお尋ねしたいんですが、慰謝料を請求されたのは私だけで相手の方には請求しないみたいなんです。こう言った場合私に対して請求されたものは私1人だけが払わなくてはいけないんでしょうか。少しネットで調べたんですが、私に対して請求したものを相手の人にも払ってもらうことが出来るとあったんですが、出来るんでしょうか。


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的に、不貞行為は、共同不法行為の不真正連帯債務と言われていますので

不貞行為の愛人と有責配偶者の両方にも請求できますし

どちらか一方に2人分請求も可能です。

その場合は、支払った方が、支払わなかった方に求償請求が可能です。

ただ、一般的な案件では、最初から、有責配偶者が男性の場合は

愛人の分を引き受けたり、奥様に対して愛人に請求はしないように強く主張されることも

多いので、今後の動きに注目だと思います。

相手の男性から何かのご連絡があるかもしれません。

慰謝料に対しては減額請求はできますので、言われた額をすぐ支払う必要はありません。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問