JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4918
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私の知人ですが、心配なのでご質問いたします。  今年のプロ野球CSシリーズ(楽天VSロッテ)と日本シリーズ(楽天V

解決済みの質問:

私の知人ですが、心配なのでご質問いたします。
 今年のプロ野球CSシリーズ(楽天VSロッテ)と日本シリーズ(楽天VS巨人)のチケットを、ヤフーオークションにて転売して、多額の利益を得ていたようです。オークション出品枚数は合計50枚(中には本当に行けなくなったものもあるそうですが・・・ほとんど売れたそうです )ほどだと思いますが、転売行為にあたるゆえ、逮捕されるのではないかと心配になっています。
 過去に、ネットオークションにてチケットを転売し逮捕されたというニュースもあるとのことなのですが、実際に逮捕されるのでしょうか?また逮捕する過程においては、第三者からの通報や警察独自による調査などにより、逮捕にいたるのでしょうか?また、確実に逮捕されるのでしょうか?
 チケットは抽選で当たったもの、購入したもの、オークションに出品されていたものなどです。
また、オークションは、需要と供給があり、成立しているものだと思うので、価格が上がるのは納得済みだと思うのですが・・・。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは知人様のことで大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、転売目的でチケットを大量に購入することは、ダフ屋行為になります。

ダフ屋行為の禁止は、各都道府県の迷惑防止条例で規制されています。

違反すれば、懲役刑や罰金刑もあります。

初犯であれば懲役6か月以下、又は50万円以下の罰金です。

常習だと、懲役1年以下、又は100万円以下の罰金です。

50枚はどう考えても多いでしょう。

発覚の経緯は、ファンクラブや主催者側の調査や

チケットが手に入らないでむしゃくしゃしているファンなどの通報からの

ことが多いようです。

最近はファンクラブなどの規定で、転売禁止などがされて、そのことが強化されていれば

警察に通報等もあるでしょうし、ヤフオクからのIDの取消もあるかもしれません。

これを業としてされている方は、逮捕も覚悟の上でしょうが

趣味的なものや副業的な意識なら、今後は辞めておいた方が無難でしょう。

オークションと言うよりも、転売目的で購入しているところが問題と言えます。

実際に逮捕された報道もありますし、今後も増える可能性はあります。

ご注意下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ytt

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

追加のご質問等あれば、返信でご相談下さい。

よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.


 すみません。また質問いたします。思い切って警察に相談すると即逮捕になりますか。また、懲役、罰金のどちら になる可能性があるのでしょうか?また、今から設け分を落札者に返金すれば少しは軽減されるのでしょうか?また基本的に警察が自らこの件に対して動くということはあるのでしょうか?やはり通報やむしゃくしゃしているファンなどの通報からの等がある時に限って動くのでしょうか?まだ事件になるかは分かりませんが、自ら自首した方が良いのでしょうか?自首した場合、刑はどのようになるのでしょうか?警察がこの件について捜査していることが分かる方法があるのでしょうか?以上よろしくお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的に、転売目的で買った部分に問題があることで、

売ったことに対しての問題ではないので、また、そこで販売した側と

交渉をすれば、問題は大きくなるでしょう。

考え方として資本主義においてダフ屋を否定するのはおかしいというものもあります。

逮捕になるかどうかは、判断は難しいところです。

自首をしたからと、本来の刑法の自首とは捜査機関が動く前に犯罪をしたことを

申出れば刑の軽減がされると言うものですが

ダフ屋まがいの行為は、未だに多く有りますから

簡単に捕まると言うことではないでしょうが

ご心配なら、弁護士の先生にご相談されてみることです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

 

 

 

 

 何度もすみません。そもそも、条例文にある「公共の場所」にインターネットは入ると解釈してよろしいのでしょうか。ネットを見るとどちらにも該当するようですが、宮城の場合はどうなのでしょうか?

 また、「各都道府県の迷惑防止条例で規制されています」とありましたが、都道府県によってこの辺の解釈も違うのでしょうか?

 また、知人は公務員なのですが、懲役刑は免職、罰金刑はどのようになるのでしょうか?免職にはならないのでしょうか?罰金だけ支払えばそれで終わりということもあるのでしょうか?

 文言に「簡単に捕まると言うことではないでしょうが」とありますが、警察が職場に来たり、家に来たりするのでしょうか?その他どのような方法で本人に連絡をするのでしょうか?

  知人は50枚のチケットで約60万を得たそうです。また初犯(以前、新宿のアダルト店にて警察に写真を撮られと免許書を確認されたことはあるそうです)ですが、懲役になる可能性はどのくらいでしょうか?罰金刑だけで終わる可能性はどれくらいでしょうか?

  

 

 


(追加)

、ダフ屋行為を規制する宮城県迷惑行為等防止条例9条の構成要件は、簡単にいうと、①不特定の者へ転売する目的で②公共の場所で③チケットを④購入する行為であり、この要件をすべて満たす場合にのみ条例9条に該当することになります。

 

「公共の場所」=「インターネットではない」となると、この条文に該当しないとのことですが、本当ですか?そのように理解してよいのですか?

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ご相談者様のお考えの通り、公共の場がインターネットに当てはまるかは

微妙な部分はあるようですが、今のところはインターネットは含まないとする見解の

ようです。

ただ、50枚のものをいろいろな方法で手に入れているようですから

そこが微妙なところとも言えます。

公務員の場合は、民事事件の場合(不貞行為とか借金問題)はプライベートの事なので

そう簡単に辞めさせることは無いようですが、刑事事件で逮捕などされれば

懲戒免職もあり得るかもしれません。

それは罰金刑でも、逮捕された事実があると厳しいかもしれません。

初犯で懲役と言うのはそうないと思いますが、仮に捕まることがあれば

弁護士の先生をすぐに呼ぶことだと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません。またまた質問いたします。


 


 ダフ屋行為を規制する宮城県迷惑行為等防止条例9条の構成要件は、簡単にいうと、①不特定の者へ転売する目的で②公共の場所で③チケットを④購入する行為であり、この要件をすべて満たす場合にのみ条例9条に該当することになります。との答えを弁護士さんから得ました。


 


 また、宮城県警に確認の電話をしましていただき、下記のような回答があったとのことです。


 


 あくまで「一般論」ということで答えていただきましたが,「インターネットで
の売買は条例にいう『公共の場所』にはあたらず,インターネットで代 金を決済した後のチケットの発券も買った後の行為なので『公共の場所で買った』にはあたらないと考えられる」とのことでした。

ということは,宮城県条例9条1項違反にはならないと考えられますが、どうでしょうか?


 


 よくわからないのは、先生の言われる「50枚のものをいろいろな方法で手に入れているようですからそこが微妙なところとも言えます。」とありましたので、条例の「転売を目的に買った」という一部分だけで、この条例が成立するのかということです。文というのは句点まで完結して内容が完結し、意味を成すと考えますがどうなのでしょうか。ご回答よろしくお願いいたします。


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

最初のご質問の中でチケットは抽選や購入したものオークションとありました。

その購入もインターネットと言うことでしょうか?

基本的には、警視庁であった逮捕の案件は、転売目的で購入した部分をとっての

逮捕と言われています。

警察側は、オークションの場を公共の場とみていると判断している可能性もあります。

いずれも警視庁の判断ですが、宮城県警ではその判断をしないのであれば

逮捕の可能性は極端に低いと言えるかもしれません。

都道府県でも温度差はあるようです。

警視庁は特に逮捕者が多いようです。やはりイベント等が多いからでしょうか。

ただし、買占めによる高額な取引は、独占禁止法に抵触する問題点も

残っているようです。50枚程度なら買占めとは言えないかもしれません。

この手の問題は、司法で争ってみないと結論が出ない問題かもしれません。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問