JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

はじめまして、こちらコンビニのオーナーです。現店舗を初めて5年くらいが立ちます。 1年半前に近くに競合店ができ収入

解決済みの質問:

はじめまして、こちらコンビニのオーナーです。現店 舗を初めて5年くらいが立ちます。
1年半前に近くに競合店ができ収入が激減し、年収がフルタイムのパートさんより少なくなりました。
そこから消費税も払ったらとても生活できません。
月に25万位の赤字です。これはこちらに少し負担が少なくなるようにしてもらっての額です。
解約を申し出たら契約書通りになり赤字が1,5倍くらいになりそうなのです。
契約後5年以上の場合は違約金がロイヤルティの1ヶ月分(140万円位)、解約の申し出から話し合い、双方の合意があれば半年後に契約終了となります。が、もうお金がなくサラ金から借りて生活しなけらばなりません。
できるだけ早く契約終了で違約金がないのがもちろん良いのですが、こういう場合はこれは本部との話し合いしかないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご 質問下さい。

コンビニのフランチャイズの解約に関しては、かなり厳しい契約内容なので中途解約の場合、原則は違約金の支払いに応じなければなりません。
ただ、本部と交渉することにより合意解除としてくれて、違約金を支払わずに契約解除にすることもできる可能性はあるようです。
例えば、オーナーが病気で続けていけない、借金が膨らんでどうにもならない、などの理由です。
ただ、こればかりは本部との交渉次第です。もし、質問者様が交渉が難しいと感じるなら弁護士に依頼して代わりに交渉してもらえば、質問者様の状況であれば合意解除できる可能性は高いと考えられます。
弁護士費用は支払う必要がありますが、違約金を支払うことを考えれば安いほうです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

現在、借金は銀行ではなし、中小企業年金から50万円のみで親族から計570万円です。その他に住宅ローンを月に7万払っています。残金約1500万円です。やはり話し合いをしてから弁護士さんに相談のほうが良いでしょうか?私たちは先の相談してからにしようかと思っています。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
先に本部と相談してみて、相手が譲歩しないなら弁護士に依頼する、という順番でいいでしょう。

今のところ借金が無くても今後の売り上げが落ち込んでいけば借金せざるを得なくなります。そういう状況で違約金を取ることはちょっと理不尽ですから、交渉の余地はあります。一度質問者様から交渉してみて、相手にしてもらえないなら弁護士に依頼することを検討してください。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問