JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4810
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

初めてご相談申し上げます。 現在、伊豆稲取発祥の「つるし雛」をネットで販売する事を検討しております。 販売する「

解決済みの質問:

初めてご相談申し上げます。
現在、伊豆稲取発祥の「つるし雛」をネットで販売する事を検討しております。
販売する「つるし雛」は「つるし雛」を教えて下さっている先生がいらっしゃって、基本の形はそれになると思われます。ただし、書籍や自身のアイディアを織り交ぜた作品にする予定でおります。
原料の生地は中古着物の生地を主に使用する予定です。
事業形態は まずは「個人事業主」として始める予定です。
本件に関して、下記、ご相談させて頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

1.「つるし雛」販売に関して、著作権や商標登録等の法律に抵触しないか、事前に確認しておきたく思っております。どのような方法であれば、法律に抵触せずに販売できますでしょうか。
2.原料の生地に中古着物を使用することにより「古物商」の取引許可が必要でしょうか。もし必要な場合、どのような手続きを行えば宜しいでしょうか。
3.個人事業主として販売を行うにあたり、法律上行うべき手続き等お教え頂きたく、宜しくお願い申し上げます。
4.上記以外で法律的に注意すべきこと、必要な手続き等がございましたらご教授頂きたく、宜しくお願い申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話のご質問にわかる範囲でご回答致します。

1、つるし雛と言うのは、江戸時代からの風習のようで、仮に商品としての

商標登録がしてあれば、勝手にその名前を使うのは違法かもしれませんが

もともとはつるしと言われてつるし雛が一般名称化しているのであれば、商標の効果は無いとも言えます。

つるし雛協会のようなものもあるようですから、ご確認されてみても良いでしょう。

2、古物商は、古着を買い取りそれを売る時に必要ですが

単に、古布を原料として使う場合としても有償で仕入れるのであれば、必要と言えます。

古物商は、警察署の生活安全課で、簡単な届出でできます。

行政書士の先生にお願いする手もございます。

3、個人事業の開業届は、直接税務署に簡単な届け出をするだけです。

税務署のサイトからダウンロードできます。

また、青色申告の届出もされると良いでしょう。

4、古物商の許可は、最初、個人事業主で初めて、途中から法人にする場合は

許可を取り直す必要があります。それをしないと、違法行為になります。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

supertonton様

お忙しい中、早急のご返信、ありがとうございました。
現在、「つるし雛協会」に問い合わせをしておりますが、こちらの協会はNPOでつるし雛の普及等を目的としているようですので、販売の許可等については主旨が異なるかも知れません。

さて、商標登録について特許庁のデータベースで「つるし雛」を検索してみましたが、該当はありませんでした。このため、この名前を使用して販売は大丈夫と推察しております。
http://www1.ipdl.inpit.go.jp/syutsugan/TM_SEARCH_A.cgi
このような考え方で問題ありませんでしょうか。

次に心配なのが、つるし雛の形状なのですが、つるし雛の手作りガイドブックには「これらの作品を販売することはご遠慮下さい」とあります。
これを踏まえますと、つまりは、ガイドブックそのものの作り方や形状、生地の模様や質が違えば大丈夫ということになりますでしょうか。
また、現在、講習を受けている先生の作品についても同じことが言えますでしょうか。
重ね重ね申し訳ございません。販売するものが全くのオリジナル作品ということにはならないため慎重を期しております。

以上、宜しくお願い申し上げます。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

お話から、つるし雛作成教室か何かに通われているのでしょうか?

あるいは、そのガイドブックの書籍を見て、そのまま作成しようと言うことでしょうか?

慎重を期すのであれば、そのガイドブックの著者に直接連絡された方が良いかもしれません。

それが作品としてのものなら、著作権はあると思います。

ただ、つるし雛と言う名称で、オリジナルなものにできれば問題は無いと思いますが

著作権はいろいろ微妙な問題を含んでいるので、著者にやはり許可をとるなり

しないといけないかもしれません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答、ありがとうございました。


先ほどつるし雛協会から販売の許可を頂きました。


ご助言、誠にありがとうございました。


現在、つるし雛の教室には通っております。


ガイドブックや教室で習ったものをそのまま作るつもりはないのですが、つるし雛の作り方というのは伝統工芸のため、型が決まっております。


このため、お伺いしたかったのは、どこからが「オリジナル」とみなされるかです。


例えば、作り方はつるし雛の基本を基にしているが、そのデザイン(型紙)や生地の使い方、等がガイドブックや習ったものと異なれば「オリジナル」とみなされるかどうかです。


著者の方にお伺いするとなると、全く真似するわけではありませんし、沢山いらっしゃるので現実的ではないかな、と考えております。


 


重ね重ね申し訳ございません。


 


宜しくお願い申し上げます。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

伝統工芸品等で、著作権が認められるのは高度な創作性が必要とされているようです。

つまり、伝統工芸品の中で、他に抜きんでた個性が製作に現れているかどうかのような判断のようです。

判例もあるようです。

確かに作り方が、異なってくれば、オリジナルとも言えるかもしれませんが

ご相談者様が作られたものも真似されることも伝統工芸の世界ではあり得るかもしれません。

著者の方独自の作成方法があると、問題視されるかもしれません。

ただ、もし問題であれば、販売の段階でクレームがあるかもしれませんし

大量生産で無ければ、基本的に手作業の作成であれば、相手方が問題視することも

無いとは言えます。

協会側に問題がないと言われれば大丈夫だと考えて良いでしょう。

頑張って下さい。

 

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問