JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

結婚を予定で7年前にマンションを購入しました。彼女は家でお客様対応の仕事をしております。昨年10月に天井が下がってき

解決済みの質問:

結婚を予定で7年前にマンションを購入しました。彼女は家でお客様対応の仕事をしております。昨年10月に天井が下がってきているのを発見し、販売会社に連絡、調査の結果欠陥工事と判明。こちらの依頼で立ち会った建築士さんから、このままでは天井がちょっとした地震でも落ちる可能性があるといわれ、すべての部屋の天井まで下がりが見つかり改修工事を依頼しましたが、工事前に仕事ができなかった期間の収入補償を要請したところ、自営業の方は確定申告書があるにも関わらず所得証明に ならないのでご迷惑料はお支払いするが、金額が決まらないと工事を始められないとまで言われました。そのことで彼女は今まで自分がやってきたことを否定された気持になり、ならびに天井落下の危険の中で長期間いたことが原因で主治医から不安神経症、不眠症と診断され1週間の入院を余儀なくされました。まずは工事が先と考え金額の提示はしませんでした。工事が終了したのは今年7月下旬。工事中ホテルをたらいまわしとなり現在も彼女は不眠や頭痛で苦しんでおり、安定剤の量も増えているようです。販売会社は収入補償を拒否。迷惑料は20万とのこと。彼女はここ2、3年父親の介護で十分仕事ができなかった上、その父も去年亡くなり、やっと本格的に仕事再開に意欲が湧き準備を始めて今年1月から再開予定でしたので精神的ショックは深く、この状態ではいつ彼女の意欲が戻ってくるかとても心配です。 私としてはせめて彼女のために販売会社へ所得補償と精神的慰謝料の請求をしたいのですが可能でしょうか。 販売会社には、最初から彼女の仕事再開の予定等を伝えて早く調査・工事を進めるように要請しておりました。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、7年前に購入したとしても、欠陥住宅であれば、

今回のケースのように、自宅でのお仕事もできなくなり、当初の目的が達成できないので

あれば、きちんとした住宅を提供することが出来ない債務不履行と言うことになり

契約の解除や損害賠償請求が可能と言えます。

もともと、欠陥住宅を造るような相手方ですから、簡単には損害賠償には応じないと

思えます。

不動産関係の業者は、そのような、人を見下した対応をすることが多いものです。

ここは毅然と対応する必要があります。

相手が、そのように手強い場合は、やはり、専門家である弁護士の先生のようjな第三者に間に入ってもらい

代理交渉をしていただいた方が良いでしょう。

請求した損害賠償額に対して相手がどう応じるかは相手の自由ですが

ご相談者様がご納得がいかなければ民事調停等を申し立てることも可能です。

また、今回の件が元で、彼女が精神疾患になられたと言うことであれば

傷害罪としての刑事告訴も可能になります。

多分、業者側は、一律での補償をマンションの購入者に対して全体的にしたいのでしょう。

そうなれば、ご相談者様のところで簡単に例外を認めると、他からも請求が出る可能性が

あるのを恐れているのでしょう。

ただ、それは最初から欠陥住宅のような悪質なことをしなければ良い訳で

相手側のいい加減な都合でしかありません。

内容証明で、もう一度請求されて、応じなければ、法的な対応をすると主張されると

良いでしょう。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問