JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

こんにちは、栗原と申します、不動産について質問します。8年前私の土地に婿養子が家を新築いたしました。持分は婿2/3自

解決済みの質問:

こんにちは、栗原と申します、不動産について質問します。8年前私の土地に婿養子が家を新築いたしました。持分は婿2/3自分1/3です、最近孫や娘を2Fから締め出してしまい、1Fに一緒にいます、土地はすべて私の名義ですので、婿が家の出入りに私の土地を通るなといって通用しますか又私の土地に車も置いてありますが移動するよう言える権利はあるのでしょうか、教えて下さい。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

まず初めに申し上げますが、ご質問のようなご家族間のことは法律による解決になじまない問題です。
「法は家庭に入らず」という有名な法格言が示すとおり、ご家族間のことはなるべくご家族間のルールに任せ話し合いにより解決することが適切であり、むやみに法律によって国家が介入することは適切ではないというのが法の基本的な考え方としてあります。

それでもあえて法律で理屈を付けるとすれば、あなたの土地に婿養子と共有で建物を建てたときには土地の使用を承諾しており、これは建物所有を目的とする土地の使用貸借契約であり、土地を通行することや車を置くこともここに含まれると考えられます。このような目的を定めた使用貸借契約の場合、原則としてその目的が終了するまで貸主の都合で一方的に解約したり利用方法を制限したりすることはできませんので、お考えのようなことは法律では認められないことになります。

しかし、一方で使用貸借契約というのは貸主・借主の信頼関係に基づく契約ですので、貸主によって借主の信頼を裏切る行為がなされ、信頼関係が破壊された場合には、貸主から一方的に契約を解除することができますので、娘さん、お孫さんの締め出しが長期に渡り信頼関係が破壊されたといえる状態であれば、ご質問のような制限にも法律の根拠があると言えます。
ただその場合でも、初めに申し上げたとおり法律による解決になじまない、つまり裁判を起こして相手を強制的に立ち退かせることは極めて難しく、家庭裁判所の調停手続きなど話し合いによって解決を目指すことになります。

法律は別として、相手の方が婿養子として信義を欠く行動を取っているは確かですから、土地を通るな、車を置くなと言いたいのは無理もないと思いますし、言うだけなら特に問題もありません。
ただ、そう言ってしまうとますます関係はこじれてしまう可能性が高いですので、そこは一旦はこらえて、娘さんとともに関係を改善すべく話し合いの機会を持ち、話し合いにも応じない・当事者だけでは冷静に話せないようなときは家庭裁判所の調停手続きを利用し、離婚・離縁に向けて条件を整えていくという対応が適切でしょう。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問