JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

離婚したのですが退職金はどの位の割合で分けるのでしょか

解決済みの質問:

離婚したのですが退職金はどの位の割合で分けるのでしょか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

確認させて下さい。

もう離婚が成立して、退職金はもらっているのですか?

質問者: 返答済み 3 年 前.



専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
恐れ入りますが、返信の内容が記載されていません。

返信をお願いします。

質問者: 返答済み 3 年 前.


離婚は成立してます。会社は辞めないのでもらあていません今までのぶんお清算したいのですが、どうすればいいのかわかりません


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
配偶者の退職金も離婚による財産分与の対象になりますが、実際に退職金をもらうことが確実である場合でなければ、分与の対象にはなりません。
また、実際にもらえるのは配偶者が退職して退職金を受け取った時であり、今すぐに受け取ることができるのでは ありません。

退職金をどのように分けるかという計算の仕方は、多くの裁判例がありますが、今の時点で会社を辞めた場合の退職金を基に計算する裁判例があります。

計算式は、離婚時(または別居時)の予定退職金額×同居期間÷在職期間×寄与度(だいたい50%)となります。
例えば、今の時点で会社を辞めた場合の退職金を2000万円とし、在職期間が20年、同居期間が15年とすると、
2000×15÷20×50%=750万円
という計算になります。

以上のように計算して、将来退職金が支払われた時に確実に支払ってもらうために、離婚協議書を作成するのが通常の手続きです。
きちんとした書面を作成したほうがいいので、退職金の計算などを含めると弁護士などの専門家に依頼することをお勧めします。


shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問