JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1384
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

親父が2年前に死にました。 いまだに相続の件で妹と もめてます 遺産のなかに大東建託で建てた8世帯のアパート

質問者の質問

親父が2年前に死にました。
いまだに相続の件で妹と もめてます

遺産のなかに大東建託で建てた8世帯のアパートがあ ります。
アパートには空家保証制度があるのですが、相続が発生した場合は 相続人
全員のハンコをもらって仮の代表者を決めることを 大東建託から求められました。
仮の代表者が決まらないと 「空室保証は打ち切り」、さらに「新規の募集は行わない」 ので
空室が増えていくばかりです。

妹夫婦は毎回違う言い訳をして 現在までハンコを押してくれません
家賃と空室保証のお金は妹の口座に振り込んで そこから銀行へ支払いをして 残った分は
遺産分割にまわしてたらどうか という提案も軽くけられました

つい最近は さらに譲歩して 銀行支払いのあと 残った分(10万)は おまえにあげるから 空家保証を復活させてくれないかとお願いしましたが 案の定 軽く蹴られました

大東建託の課長さんが直接妹に電話して 相続とは関係のない 便宜上の社内ルールであることを説明してもハンコを押しません。


そこで質問です
共有財産の家賃を理由なく破棄するような妨害行為に対して損害賠償を請求して裁判を
起こした場合 勝てるでしょうか。
共有財産の家賃だから半分は妹のものとして考えています
消えた家賃(空き家保証)の総額は 300万くらいなので150万くらいを要求したいです

だいたいの裁判費用も教えてください

よろしくご回答願います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>共有財産の家賃を理由なく破棄するような妨害行為に対して損害賠償を請求して裁判を
起こした場合 勝てるでしょうか。
共有財産の家賃だから半分は妹のものとして考えています
消えた家賃(空き家保証)の総額は 300万くらいなので150万くらいを要求したいです

だいたいの裁判費用も教えてください

→妨害行為=不法行為(民709条)として、損害賠償額は逸失利益ですね。

150万円の訴額の場合、弁護士費用は着手金8%(120,000円)、報酬16%(240,000円)です。1,140,000円が手元に残る金額でしょうか。

なお印紙代・〒代は別です。

 

 

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

質問者: 返答済み 4 年 前.

妨害行為=不法行為(民709条)として、損害賠償額は逸失利益ですね。←


不法行為だから勝てると解釈してよろしいですか150万は本来は私が受け取れる金額だったという解釈でよろしいですか。


 


 


具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。  ←恐れ入りますが やさしいことばで書き直してください。 とくに


当否を論ずるものに非ず。 の意味が不明です。 よろしくお願いします


 


 

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>

妨害行為=不法行為(民709条)として、損害賠償額は逸失利益ですね。←

不法行為だから勝てると解釈してよろしいですか150万は本来は私が受け取れる金額だったという解釈でよろしいですか。

→そのとおりです。

>具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。  ←恐れ入りますが やさしいことばで書き直してください。 とくに当否を論ずるものに非ず。 の意味が不明です。

→これは質問者に向けてでは なく一般公衆に向けてのものです。この質問と回答は不特定多数者の閲覧に供されます。具体的な事件についての報酬を得てのアドバイスは「場合によっては」弁護士法第72条に抵触するとの疑義もあることから、「場合によっては」回答者じしんの刑事訴追を招くおそれもあることから、行政書士の職域の限界としては、あくまで一般的法制度の説明にとどめます、という但し書きです。特に深い意味はありません。回答者が自衛のために行っているものです。誰がどこで悪意をもってみているか(こいつを非弁行為で陥れてやろうと)わかりませんからね。

 

 質問者は気にされなくて結構です。

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問