JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

58歳の男性です。約10年前に不倫してしまい、確実ではないですが、私の子どもを出産して相手の女性が育てています。他の

解決済みの質問:

58歳の男性です。約10年前に不倫してしまい、確実ではないですが、私の子どもを出産して相手の女性が育てています。他の理由で彼女が最近離婚し、 離婚後に元夫の子どもではないと告白したようです。その後、彼女から私の方に養育費を請求してきてます。今お金がなかったら、退職金から3000万円出すと約束した念書を書いて送るようにとの連絡がありました。今の家庭を守りたいし、念書を書いても良いかなと考えてます。そのような念書は、相手の子どもの名前、生年月日と自分の子供と認める内容、支払い内容について自筆で作成し、判子をつけば法律的にも効力があるものになってしまうのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

そのような内容の念書でも効力はあります。
その念書を証拠に訴訟提起されれば、ほぼ確実に敗訴します。

また、念書がなかったところで養育費の支払義務は消えません。
離婚しようが、どうしようが質問者様の子であることがわかったときには、養育費を支払う義務があります。

念書を書いたところで、3000万円で終わりとも限りません。
その子が成人するまであと約10年あるわけですから、3000万円では足りないと追加で請求されることもあるわけです。

養育費の支払は月額*万円と決める方が無難ですし、大半のケースがそうです。
具体的にいくらなのかは、双方の話し合い、お互いの年収で決まります。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問