JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

先日飼い猫がタクシーに引き殺されました。もう歳で飛び出す事はありません。目撃者はいるのですがタクシー会社は認めません

質問者の質問

先日飼い猫がタクシーに引き殺されました。もう歳で飛び出す事はありません。目撃者はいるのですがタクシー会社は認めません。訴える事はできますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

  刑法的には器物損壊罪ですが、民事的にも不法行為により精神的苦痛を被ったということで慰謝料請求が可能です。相手方は運転手ではなく、運転手を雇用しているタクシー会社(使用者責任 民715条)です。 目撃者などいなくても、ネコが自殺するわけがありませんから、他のクルマに轢かれなかったらそのタクシーに轢かれたことが明らかですから、いい逃れの余地はありません。

 

 内容証明郵便で「話合いに応じよ、応じない場合は法的措置に移行する」旨警告することです。

 

 

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

法律 についての関連する質問